TOP » 無線機器の事を知っていますか? » そもそもインカムとは?
アイコン

そもそも
インカムとは?

アイコン

インカムは無線機器の一種!同時双方向の通信が可能

インカムという無線機器を知っていますか? テレビ番組の撮影スタッフがスタジオ撮影で頭部に装着していたり、F1のレースでスタッフが装着していたりする、あのヘッドセットの無線機器がインカムですね。
見覚えはあるけれど、使った経験はなく、どういった仕組みでどういったときに使えるのかなどについては、知らないという人も少なくないはずです。そこで今回はヘッドセットの言葉の意味や用途などを大まかに紹介したいと思います。

headset

無線機とトランシーバーは何が違う?

違いその1

インカムも無線機の一種

携帯型無線機にはいろいろな種類があって、その中にはトランシーバーや携帯電話が含まれています。他で言えばインカム。頭部に装着するヘッドセットに、イヤホンとマイクが装着されていて、ハンズフリーで使える無線機器が、現在では「インカム」として理解されています。

違いその2

トランシーバーとの違いは?

インカムの特徴として、一時に複数の人と通信を行えるという使い勝手の良さがあります。複数の人と通信を行えるという特長はトランシーバーも同じですが、同時に双方向の一斉通信が行えるという点が、一般的なトランシーバーとの大きな違いになります。
トランシーバーは、基本的に何人とつながったとしても、話し手は1人で、残りの人は聞き手になります。誰かが話して、次に誰かが話してと、同時に誰かが発信できないのですがインカムは違います。同時双方向通信が可能ですから、誰かの声にかぶせる形で、双方向で同時に、別の人が意見をしたり批判をしたりできるのです。

違いその3

インカムは一般の電話回線から独立したネットワークを使った通信機

元々インカムという言葉は、「インターコミュニケーション・システム(intercommunication system)」、または「インターコミュニケーション・デバイス(intercommunication device)」の略語になります。インターカム(intercom)とも略されていますが、基本的には一般電話回線から独立したネットワークを使った通信システム・通信機を意味しています。もっと簡単な言葉で言えば、内線ですね。
今でこそ無線が主流になっていますが、昔は有線が一般的で、1つの建物、1つの敷地内で使える内線をさしていました。例えば会社の内線や、工場内の内線が該当します。
しかし、2000年前後から、同時双方向の一斉通信が可能なヘッドセット無線機器が「インカム」と呼ばれるようになったようで、その後に定着して今に至ります。もともとインカムは内線だったのですが、その内線を使って無線通信するヘッドセットを、「インカム」と呼ぶようになったのですね。

違いその4

インカムは放送局や劇場などのスタッフ内の意思伝達に使われる

「インカム」はどういった場面での利用されているのでしょうか? 基本的に一斉に、同時に大人数が通信できるようなシステムですから、大人数が比較的近い距離感で作業を進めるような場面に役立ちます。
例えばテレビ番組のスタジオ撮影、スタジアムでの音楽ライブのリハーサル、サーキットでのレース、劇場での舞台進行、学園祭の実施などが想定されます。
携帯電話と違ってどれだけ通話をしても、基本的に料金が無料である上に、常時接続されていますから、思い立ったときにわざわざ相手を呼び出さずとも、すぐに希望の相手とコンタクトが取れます。
大人数で通話をする必要があり、さらに長時間、接続したまま素早く意思伝達をしたいような場面で、重宝する無線機だと言えます。

以上、インカムの特徴や定義などを紹介してきましたが、いかがでしたか?  インカムは元々、一般の電話回線から独立した内線を意味していましたが、途中からハンズフリーで一斉に、同時双方向の通信を可能にするヘッドセットという意味に変わったという話をしました。
何かのイベントを開催する際にはとても便利な無線機。今の時代は安い値段でレンタルをしてくれるショップも複数ありますから、大掛かりな催し物を開催する予定の人は、レンタルを考慮に入れてみるといいかもしれませんね。

コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)