TOP » 無線機の種類わかりますか? » 特定小電力無線機
アイコン

特定小電力無線機

免許不要で価格もお手ごろ!まずは手にしたい特定小電力無線機

無線機には、使用時に免許が必要な無線機と、そうではない無線機があります。免許が不要で誰もが自由に使える無線機と言えば、特定小電力無線機ですね。そこで今回は特定小電力無線機の特徴や価格帯、用途、通信距離などをまとめたいと思います。

特定小電力無線機の機器にも幾つかの種類がありますが、トランシーバーなどは安い値段で販売・貸し出しがされていますので、今すぐ始める無線機としては最有力候補となりますよ。

特定小電力無線機とは?

免許も資格も不要の特定小電力無線

無線を使って交信する場合、個人であっても無線従事者資格や無線局免許を総務大臣から取得しなければなりません。しかし、電波が小さく、極めて小規模な近距離の無線通信であれば、免許も登録がなくても自由に利用が出来るようになっています。そうした小規模の無線通信を特定小電力無線と呼び、特定小電力無線で使用する機器を、特定小電力無線機と呼びます。

特定小電力無線機は通信距離が1km前後

近距離で、送信電力の弱い無線通信であれば免許も資格も不要だと述べましたが、特定小電力無線機の具体的な送信時の電力は10mWまでとなります。通信距離に関しては、例えばiCOMのIC-4350/Lという無線機を使った場合、見通しのよい場所で約2km、郊外では1~2km、高速道路では約500m、市街地では約100~200mという距離になります。電波は障害物がなければ遠くまで届くのですが、市街地のように電波の流れを邪魔するような建物が多い場所では、通信距離が短くなってしまうのですね。

また、鉄、アルミニウム、銅などの金属は電波を通しません。そうした素材を多く使った建物では、仮に10m程度の距離でも、通信がうまくいかない可能性もあります。

使用目的は多種多様

とはいえ、見通しのいい場所であれば2kmほど離れた距離でも無免許で通信が可能になる特定小電力無線機。免許不要でそれだけの距離の通話が可能なため、レジャー利用からビジネス利用まで、幅広く活用されています。

例えば何台かの車で長距離のドライブをする際、各車両に無線機を置き、必要に応じて通話をするなどのケースが考えられます。ビジネス利用で言えば、学園祭などイベントの設営、結婚式の二次会など各種催しの運営などにも使われています。

利用者が多いため、チャンネルがふさがっている恐れも

ただ、誰もが免許なく、気軽に使える無線機で、利用者も多いために、実際使おうと思ったときに、使えるチャンネルがふさがっている可能性があります。

また、他の無線通信と比べて混信が多く、人に話を聞かれてしまう恐れも出てきます。通信中に何かの機密情報をやり取りする手段には全く向いていませんし、災害時など、何かの緊急時の連絡手段として利用するには、不安定すぎる通信手段と言えそうです。

購入する場合の主な価格帯

業務用無線機、IP無線機、デジタル簡易無線機、デジタルMCA無線機など、業務用で通信距離も数十キロから全国レベルといった無線機の場合、価格は数十万円とかなりの金額になります。

しかし特定小電力無線機に関しては、それこそ数千円から数万円で幾らでも購入が可能です。例えばスタンダード社の特定小電力トランシーバー(FTH-508)の場合、25,000円ほどの価格で販売されています。ノンブランドの安いトランシーバーであれば、2台セットで6,000円など、かなり安いモデルも販売されています。

使用用途について

混雑するような場所では混信も起きやすく、チャンネルが先に使用されて埋まっている可能性もあります。そのため、大規模なイベントの運営などには適していません。しかし、レジャーや、ちょっとした業務における通信にはかなりの実力を発揮してくれます。

通信出来る距離間について

見通しのよい場所:約2km

郊外:1~2km

高速道路:約500m

市街地:約100~200m

特定小電力無線機の特徴

それでは、特定小電力無線機はどのような性能を持ち合わせているのでしょうか。簡単に紹介していきましょう。

安価で取り入れることができる

何と言っても、安価で導入しやすいのが、特定小電力無線の強みです。通常の無線機に比べても低価格で導入することができます。1台あたりのコストが数千円で買うことができるので、低予算の場合でも、無理なく導入することができます。特定小電力無線機の中でも、特に価格が安いモデルはホビーグッズとしても扱われています。デザイン性を重視していたり、ポップな見た目やカラーになっていたりするケースが少なくありません。

一方で数万円程度の高性能の無線機については、実用性重視でシンプルな設計が多く、耐水性、耐久性、防塵性などにも優れたモデルが多いです。

充電型、電池型の2種類ある

無線機のタイプには、電池タイプのものと、充電式のものがあります。バッテリーの持ち時間は、使い方によりますが、5〜8時間以上連続使用しても問題ありません。しかし、電池型のものは通信をしていない待機時間でも電池を消費してしまう可能性があるので、予備電池を持っておくと良いでしょう。いざという時に使えなければ意味がありません。電池型のものであれば、その無線機に必要な分の予備電池を持っておくようにしましょう。ここで気をつけなければならないのが、古い電池と新しい電池を一緒に使わないことです。1個タイプのものであれば、交換すれば解決ですが、2個以上の場合、1つ新しい電池にすれば確かに動くことはできますが、消費が激しくすぐに電池切れになってしまうので、同じように使わないように注意が必要です。必ず全て新しいものと交換しましょう。

アンテナを交換することができる

特定小電力無線機の弱点は、通信範囲内です。メーカーが出している数値をみると、短いアンテナでも2キロまではストレスなく使うことができる。と案内されていることがありますが、実際に使ってみると2キロ先の通信は難しい場合が多くあります。そんな時は、アンテナを交換することで、長距離をカバーすることができます。特定小電力無線機のアンテナは、どれも交換が可能なので、長距離通信を視野に入れている場合であれば、アンテナ交換して対応しましょう。特にアンテナは、長くなればなるほど長距離を通信することが可能なので、一目でわかります。

相互通信が出来る機種もある

特定小電力無線機は、相互通信ができない機種が多いと思われがちですが、実際はそうではありません。機種によっては、相互通信でリアルタイプの会話が可能なものもあります。IP無線機で無ければ相互通信はありえない。と思われがちですが、機種を選べば、相互通信可能なものもあるので、検討しましょう。

操作が簡単

特定小電力無線は、趣味でも使いこなしている人がいるくらい、操作が簡単です。人によっては、使い慣れている人もいます。そのため、導入する際に細かい説明はいりません。簡単なレクチャーで誰でも使いこなすことができるのが特徴です。操作が複雑なものであれば、人によっては全く活用出来ず断念してしまう場合があるので、チームの中に、機械にあまり強くない人がいるのであれば、操作が簡単なこちらを導入しても良いかもしれません。

中継機器の使えるもの、そうでないものがある

特定小電力無線では、アンテナを交換して通信距離を長くする方法がありますが、それ以外にも中継機器を用いて通信範囲を増やす方法があります。しかし、この場合は対応していない機種もあります。そのため、長距離通信を考えている場合は、扱う機種が中継機器に対応しているかどうかも確認しておくと失敗することがありません。

特定小電力無線機には、特徴があるので使い分けて活用する必要があります。向いている業種とそうでない業種があるので、簡単にポイントを押さえておきましょう。

特定小電力無線機のオススメ業種

それでは、特定小電力無線機のオススメの使用用途について、1つずつ紹介していきましょう。

1、医療/福祉関連の用途

医療現場や、福祉の現場ではその場に人がいなくても連絡が取り合う必要がある状況が発生します。そのような時に活躍することが期待されています。また、特定小電力無線機の場合直接電波を出し合って連絡をすることが、医療現場では役にたちます。他の無線機の場合、電力が大きいためにやりとりをするだけで、医療機器に影響を与えてしまうものや、携帯電話の回線を使うために、医療機器に影響を与えてしまうものもあります。しかし、特定小電力無線機のトランシーバーを使えば、その心配はありません。また、医療/介護現場では不測の事態が常に考えられます。他のスタッフの応援を即座に出来るので便利です。連絡をすることで、互いがすぐに連絡を取り合うことが出来るということを考えれば、医療機器にも影響を与えることなく有効なコミュニケーション手段として活躍の期待が出来ます。

2、工事現場での用途

工事現場では、特定小電力無線も活躍します。特に、道路警備を担当する警備の人には、この無線を持たせて連携を取ることで、安全にトラックの誘導を可能にします。それだけではありません。全員に一斉送信出来るので、現場の状況を伝えることが可能になります。手が離せない状況が続くので、ハンズフリータイプのトランシーバーでやりとりが出来る特定小電力無線は役に立つでしょう。また、大規模な工事になると各フロアでの役割が異なり、チームによって作業内容が違ってくるので、同じ作業を担当する者同士で連絡を取り合うことで、余計な情報を遮断することが可能になります。もちろん、特定小電力無線のみではつながりにくい場所が生じてしまいます。そんな時は、IP無線やデジタル簡易無線でカバーすると良いでしょう。使い分けることで、特定小電力無線の活躍場所が広がります。

3、展示会イベントでの用途

展示会では、ブース内に多くの人が出入りします。また、展示会の場合は周りの音が大きいため直接連絡を取り合うことが困難になります。しかし、ブースはそこまで大きくないので、特定小電力無線で十分範囲をカバー出来ます。ただし、多くの出展企業が無線を使ったやりとりをしている可能性があるので、注意が必要です。また、展示会と同様な状況で活躍するのがセミナーです。セミナーの場合、1フロアで完結するため、範囲内として十分活躍出来ます。また、セミナー中は大きな声を出しての連絡が全く出来なくなってしまうため、小さな声でも十分にやりとりが出来る無線は活躍することが期待出来ます。もちろん、展示会やセミナーしか活用する機会が無いのであればレンタル品でも構いませんが、災害時を想定して購入する方法でも良いでしょう。

4、警備での用途

警備と聞くと、コンサートやイベントといった大規模な範囲のものを想像しますが、それだけではありません。特にイベント時には、イベント内だけでなく駐車場や道路を警備する場合があります。この場合、特定小電力無線は活躍出来ます。特に屋外イベントを行う場合、お互いが見えているので電波が届きやすくコミュニケーションが取りやすくなっています。また、電波が届かないような山奥で行う音楽フェスイベントでも、電波を直接やりとりするため、気にする必要がありません。また、サッカー場や野球場といったスペースでも活躍出来ますが、場所によっては電波が届かない状況も考えられるので、広いスペースで活用する際は、特定小電力無線だけでなく別の方法と使い分けながら行うと良いでしょう。

5、工場内での用途

広い工場と言っても、コミュニケーションをとって仕事をすることが必要になります。例えば、工場内でトラブルが発生した場合。工場内は騒音が大きく人の話が聞こえにくいことがあります。しかし、無線を使うことで、近くで会話しているように鮮明に話を聞くことができます。このようにすることで、何かトラブルが起きた場合に速やかに対処することが可能になります。また、チーム内で作業をする場合、チームワークが乱れてしまうと、生産効率も低下してしまいます。それを防ぐ役割として、無線でやりとりを行えば、どの工程が遅れているかを責任者が把握することができ、的確な指示を出すことが可能になります。

6、学校行事での用途

学校は、無線と無縁と思われがちですが、校内放送等は業務用無線を通じて行なっています。また、学校では様々なイベントがあります。入学式、運動会、遠足、修学旅行、学芸会など1年を通して行事が多く無線を活用したやりとりは、かなり機会があります。特に、運動会や学芸会では無線は欠かせないアイテムです。イベントが進行している最中に、体調を崩す生徒や不測のトラブルが発生した際、連絡をすぐ取り合うことが可能です。また、災害時には、無線で連絡をすれば生徒をどこに避難させれば良いのか。校内に残された生徒はいないのか等を確認することができます。

7、サービス業での用途

飲食店や、ホームセンターといったスタッフが複数名で働いている場所でも、無線機は活躍します。無線を使うことで、対応出来るスタッフを速やかに呼び出すことができます。また、それだけではありません。最近の特定小電力無線はカラーリングも豊富でオシャレな無線機でやりとりをすることもこ可能です。お店の個性も無線機で強調出来るので、取り入れる際は、デザインにも意識をして選ぶと良いでしょう。

これ以外でもドライブ中の通信手段や、アウトドアでのテント設営時など、レジャー関連での使用が便利と言われています。また、登山中に異なるグループ同士でトランシーバーを持って、連絡を取り合うなども考えられます。また、先ほども登場したように運動会の設営や、学園祭のスタッフの連絡チャンネル、社内イベントの管理などにもあると便利です。

コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)