TOP » 無線機メーカー一覧
アイコン

無線機メーカー一覧

モトローラとケンウッド、アイコムが世界3強! 注目の他メーカーは?

最近は中国や韓国などアジアのメーカーも頑張っていますが、世界的なシェアを見ても無線機はアメリカと日本が大きくリードしています。そんな世界的な無線先進国である日本の市場は、まさに戦国時代そのもの。そこで今回は日本で有名&注目の無線機メーカーをまとめて概要を記してみましたので、ぜひともチェックしてみてください。

サイトイメージ
引用元:モトローラ公式HP (https://www.motorolasolutions.com/ja_jp.html)

戦場などでも繰り返し利用されている無線機になりますが、1969年に人類が初めて月に到達したとき、宇宙飛行士の声を地球に届ける役割を果たした無線機がモトローラ製でした。地球上のみならず、宇宙でも人類の通信を支えてきた世界のトップメーカーなのですね。言うまでもなく世界的なシェアは圧倒的にNo.1で、第2位以下の日本勢は大きく離されています。独自の厳しい評価基準をクリアした無線機の数々は堅牢性、性能の高さが折り紙付きで、熱烈なファンを世界中に抱えています。

サイトイメージ
引用元:アイコム公式HP (http://www.icom.co.jp/products/)

1954年に京都府で、電子機器組立業としてスタートした現在のアイコム。創業時の社名は「井上電機製作所」でしたが、その後にアイコムと社名を変更し、現在に至ります。日本の物づくりを代表するような社風で、「常に最高の技術集団であれ」という社是の下、無線機器の業界で頭角を現し、世界的にも大きなシェアを握る日本のトップメーカーの1つになりました。音声がクリアで、使い勝手も良く、耐久性など性能に優れていて、見た目もまとまっており、全ての面において高い水準を実現するバランスのとれた無線機をリリースし続けています。

サイトイメージ
引用元:ケンウッド公式HP (http://www.kenwood.com/jp/b_com/)

日本ビクターとケンウッドが経営統合してできたJVCケンウッドが正式な社名になります。日本ビクターもケンウッドも、どちらも日本を代表する音響メーカーですね。その音響メーカーがリリースする無線機だけに、音質がとにかくクリアで、アイコムや米モトローラよりも音質において高く評価されています。また、オーディオ部門の開発で培ったプロダクトデザインを十分に発揮した無線機のプロダクトデザインもかなりの高いレベルに達していて、見た目でケンウッドの無線機を選ぶ人も少なくありません。世界シェアはNo.2。米モトローラに次ぐ世界的な無線機メーカーです。国内市場では、特定小電力無線機でNo.1に輝いています。

サイトイメージ
引用元:SoftBank公式HP (https://www.softbank.jp/biz/mobile/lineup/201sj/)

大手キャリアの1つとして、自社の携帯電話網で無線通信を可能にしてくれるSoftBank。携帯電話網を使ったIP無線機ですね。通常の無線機と違い、無線機だけを購入するのではなくて、代理店を介して機器を購入・レンタルし、月額利用料を支払って利用する通信機です。SoftBankの無線機ですから、印象としては同社のスマホを利用しているような感じになりますが、契約の携帯電話と請求をまとめられる利点もあります。携帯電話より災害に強いため、我孫子市、千葉県勝浦市役所など地方自治体の導入事例も目立ちます。

サイトイメージ
引用元:j-mobile公式HP (http://www.j-mobile.co.jp/)

韓国の無線通信会社KT powertelなどが韓国発のIP無線のサービスを日本の他、アジアに展開していく中で作った会社がジェイモバイル。企業の本拠地である韓国では32万台以上のIP電話を稼働させている大手の無線通信会社が母体となっているIP無線機メーカーですね。IP無線はSoftBankと同じように、同社の販売代理店を通して契約をするスタイルが一般的です。無線機器を買い取り、利用量だけを支払う料金スタイルと、無線機器の使用料も込みで月額の料金を払うスタイルが存在します。大幅な初期投資不要で、いきなり全国規模の無線通信が行えるようになります。

サイトイメージ
引用元:谷沢製作所公式HP (https://www.tanizawa.co.jp/products/twowayradio/)

保護帽などの防災グッズなどを製造し、日本における産業安全保護において大きく貢献、リードする企業が谷沢製作所になります。谷沢製作所の商品はヘルメットなどの防災グッズにとどまらず、安全な作業を可能にする連絡手段の無線機にまで及びます。さらに同じ無線機でも、免許不要、無線従事者の有資格者の配置も不要な特定小電力無線機を、作業用に特化したデザインと機能でリリースしています。グローブをはめたままでも使用が可能なボタンのデザインと配置など、業務用としての使い勝手は群を抜いています。

サイトイメージ
引用元:八重洲無線株式会社公式HP (http://www.yaesu.com/jp/index3.html)

日本の無線機3大メーカーと言えば、アイコムとJVCケンウッド、そして八重洲無線機ですね。古くから3社はアマチュア無線のシェア争いで激しい競争を行ってきました。今までにさまざまな経営統合や買収などを行ってきた同社ですが、現在リリースしている自社無線機は3ブランドです。アマチュア無線に特化した「ヤエス」、業務利用が前提となるデジタル簡易無線と業務用無線に特化した「スタンダード」、さらにはレジャー利用、マリン利用、特殊な用途に向けて製作された無線機に特化した「スタンダード・ホライズン」になります。

サイトイメージ
引用元:アルインコ公式HP(http://www.alinco.co.jp/division/electron/)

アルインコは、もともと建設機材を手掛けている企業です。アンテナ用タワーの製造をきっかけに電子事業部が発足し、今では総合通信機メーカーとして個性的な製品を製造。特定小電力トランシーバー、デジタル簡易無線、ビジネス専用無線システムなど、多彩な無線機を取りそろえています。アルインコの無線機はリーズナブルで性能がいいと評判で、アフターサービスが充実していることのも特徴です。購入した無線機は、長く使うことができるので、コストパフォーマンスも高いでしょう。ここでは、どんな製品を取り扱っているか詳しく紹介します。

サイトイメージ
引用元:モバイルクリエイト公式HP(https://www.mcinc.jp/)

モバイルクリエイトの主力サービスは業務用IP無線システム。NTTのドコモのFOMA回線を借り受けて、サービスを提供しています。自社で基地局を用意する必要がなく、それでいて携帯電話並みに広範囲で通信できるのが特徴です。無線と携帯電話の長所を併せ持ったボイスパケットトランシーバーがその主力商品。GPSを内蔵したタイプもあり、タクシーやトラックの運行管理に役立っています。開発、製造、販売、サービス運用、保守までワンストップで行っているので、エンドユーザーの声を反映しやすいのも魅力でしょう。クライアントの要望にきめ細かく対応してくれます。