アイコン

水族館編

混雑時のお客様案内がスムーズ

水族館は多くの人がレジャーとして訪れるスポットなだけに、働くスタッフたちの連携がスムーズでなければいけません。イベントを開催するときなどは特に混雑しやすく、スタッフ全員が情報を共有する必要もあります。そこで、今回は水族館で利用したい無線機について、利用方法・コストをご紹介していきます。

導入事例

ケーススタディ 無線機を使用すれば子どもの迷子を減らせる

水族館のお客様には子供が多いのが特徴です。たくさんの人が集まっても、大人であれば自分自身でどこに行けばいいかわかりますが、子供はどうでしょうか?自分ではどうしていいかわからずに混雑した館内で迷子になってしまうこともあります。無線機があれば、どこで子供が迷っている、探している親御さんがいる、などの情報を共有することができます。

混雑時のお客様案内がスムーズ

水族館で無線機を導入する際、役立つのがお客様の案内時です。特に土日や長期連休などは、水族館に訪れる人がぐっと増えます。スタッフがちゃんと連携して案内できていないと、お客様を混乱させてしまう恐れがあります。だからといって、たくさん人が館内で大きな声を出してスタッフ同士が話せるかというと、現実的に考えて難しいですよね。そこで使うべきなのが無線機です。無線機でスタッフ同士どこにいても情報が把握できるようになっていれば、安全にお客様を案内することができます。

デジタル簡易無線機が利用しやすい

無線機の種類はいくつかあり、特定小電力無線機であれば免許も申請も必要ありません。しかし一般業務用無線になると免許を申請することと総務省のヒアリングがあります。通信する出力が大きくなると、その分コストもかかり、手間もかかると考えてください。そこで水族館であれば、デジタル簡易無線の免許局か登録局の導入がいいでしょう。出力も問題なく、広い館内でも十分利用できます。

水族館では日常的な利用が考えられる

水族館での無線機は、日常的な利用をおすすめします。混雑時だけ一時的に使用するという方法もありますが、一時的な利用だとスタッフも使用方法がわからず戸惑ってしまうでしょう。日常的に使用していれば混雑時にも違和感なく無線機が活用できます。そのため、レンタルするよりも購入した方がお得に利用ができるでしょう。

まとめ
規模
水族館の規模に合わせ、スタッフ数が数十人となる大きな水族館での利用も想定されます。
主な使用場所
受付スタッフをはじめ、館内スタッフを中心として使用することになります。また繁忙期には警備スタッフとの連携をとるためにも使われます。
無線機の利用者数
情報共有の必要なスタッフたちには1人1台が望まれます。単独で館内にいることが多いので台数は多くなるでしょう。
おすすめ機種
特定小電力無線機でも可能ですが、水族館はコンクリートが厚くなっているため、電波が届かない可能性もあります。デジタル簡易無線機で出力を上げて導入するとより無線機が活用しやすいです。
無線機を使うことのメリット
スタッフそれぞれが情報共有をしながら館内でお客様をサポートできるようになります。離れていても連絡がスムーズです。
無線機を使った際の注意点
館内が混雑しているときはお客様の声で聞こえづらくなる可能性があります。また水族館の構造上電波が届かないこともあるため、その場合は無線機が使えません。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線は、1泊2日なら2,000円から6,000円でのレンタルが基本的な金額です。購入するとその10倍ほどになります。
まとめ
水族館で無線機を導入すると、メリットがたくさんあります。導入するべき無線機に関しては、どういった目的で無線機を使うか、水族館の規模、スタッフ数などによって変わります。いきなり購入して使い始めるよりも、レンタルからはじめてみて本当に使えるかどうかを確認し、使ってよかったと思える機種の購入をおすすめします。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較