アイコン

カーディーラー編

カーディーラー内でのスタッフ同士の連携を円滑にする

カーディーラーは新規で車を購入する人もいれば、メンテナンスで訪れる人もいます。多くのお客さんに素早く対応するために役立つのが無線機です。カーディーラーで無線機を使う場合のおすすめ機種などをご紹介します。

導入事例

ケーススタディ 担当者をすぐに呼べるアイテム

カーディーラーは新規の場合を除き、担当制で対応する場合がほとんどです。お客さんが来店した際に担当者がすぐに対応できればいいのですが、事務作業をしていたり、他のお客さんの対応をしたり、手が離せないことがしばしば。その際に、無線機があればお客さんの来店を知らせることができ、情報共有ができるでしょう。すぐに呼べるのでお待たせすることもないですし、他のお客さんを対応していても来店したことを知らせる情報は入るので、少し待っていてもらうように話ができたり、席を少し抜けて来店したお客さんに話をしたり柔軟な対応ができるようになります。

整備や点検状況の確認ができる

整備や点検で来店するお客さんも多いのがカーディーラーですが、整備工場が埋まっていてすぐに整備や点検ができないこともあります。その際にどれぐらいで対応できるのかを無線機でやり取りしながら確認できます。また、整備や点検が少し長引いているときには、あとどれぐらいで終了するかを確認してお客さんに知らせることも可能です。

デジタル簡易無線が使いやすい

カーディーラーで使用する場合、おすすめしたいのはデジタル簡易無線です。デジタル簡易無線は免許が不要なので、登録作業をするだけですぐに利用可能。通信範囲も広く、店内と整備工場で連絡を取り合いたい、というときでも十分使えるでしょう。ただし出力によっても費用に差が出るので、お店の規模によって検討する必要があります。

ハンズフリーでの使用が理想的

店内のスタッフはハンズフリーではなくても対応可能ですが、整備工場ではハンズフリーのほうが操作はしやすいでしょう。作業中にいちいち手を離して無線機を使うのは大変なので、ヘッドセットもしくはイヤホンマイクといった付属品の使用をおすすめします。情報は送信者から簡単に受け取ることができますし、送信はマイクの送信ボタンを押すだけで可能です。

まずはレンタルしてみるほうがメリットが大きい

カーディーラーでは、イベントのときだけ無線機を使うというよりも、日常的な業務の中で無線機を使うという目的が大きいです。まずは、レンタルをしてみて購入を検討するのが自分たちに合った無線機を選択できるでしょう。

まとめ
規模
カーディーラーの店内や整備工場など比較的広い範囲での利用が想定されます。
主な使用場所
店内・整備工場といったカーディーラー内で使用をしますが、複数階あるフロアでも利用できます。
無線機の利用者数
営業スタッフをはじめとして、整備スタッフや事務員などが利用することとなりますが、事務員は1人1台ではなく事務所で1台程度でも問題ありません。ただし営業スタッフや整備スタッフは1人1台所持していたほうが連携もとりやすいでしょう。
おすすめ機種
広い範囲での通信が必要となることもあるため、おすすめはデジタル簡易無線です。出力によってコストが変わるので、確認しておきましょう。
無線機を使うことのメリット
無線機を使うと、お客さんの接客中や整備中であっても情報共有が可能です。
無線機を使った際の注意点
無線機を使うことで接客に集中できない、様々な情報が入ってきて混乱するといった可能性が考えられます。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線は1泊2日のレンタルで2,000円からとなっています。購入はトランシーバー1台で20,000円からです。
まとめ
カーディーラーでは無線機を導入することで、どんなお客さんが何を目的として来店しているかをスタッフ同士で情報共有でき、案内もスムーズです。まずはレンタルし、どの無線機が通信手段として使いやすいのか見極めてみて、日常的な業務に導入するのがいいでしょう。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較