アイコン

エステサロン編

スムーズなご案内で居心地の良いエステサロンへ

エステサロンは癒しを求めてくるお客さんも多いです。そんな中、情報が錯綜してバタバタしていては、お客さんもリラックスすることができず、このエステサロン大丈夫なのかな、といった不安を感じてしまいます。居心地の良いエステサロンであるためにも、無線機の導入をおすすめします。

導入事例

ケーススタディ 個室で部屋が仕切られていても、連携がスムーズ

エステサロンは基本的に予約制となっているため、突然のお客さんで施術が可能かどうかを確認する必要はあまりないですが、中にはコース変更でというお客さんもいます。 そうなると施術時間が伸びることもあるため、時間の調整やコース変更が可能かどうかをエステティシャンに確認する必要があるでしょう。その際にスムーズなやり取りが無線機でできます。

また、個室もお客さんの受け入れ準備が整ってからご案内ということになりますが、無線機があれば準備ができたらレセプションに伝えて案内してもらえるので、エステティシャンが案内する手間も減るでしょう。 手が離せないエステティシャンはハンズフリーをレセプションはハンズフリーではなくても使えますが、エステティシャンは手が離せない施術をしていることが多く、ハンズフリーの設備を整えなくてはいけません。

イヤホンにマイクがついているようなイヤホンマイクという具族品があるので、接続して利用すればハンズフリーとなります。

個室が多いため出力には注意

エステサロンは施術するスペースが個室になっています。そのため、無線機のやり取りも何枚もの壁を隔てていることがあるため、出力には気を付けて選ばなくてはいけません。エステサロンでおすすめしたいのはデジタル無線機です。免許が費用で登録作業も簡単でありながら、通信範囲も広いので壁を隔てていても安心して使うことができます。エステティシャンとレセプションはもちろん、店頭前などでチラシを配っているスタッフとも連絡もしやすいでしょう。

エステサロンでの使用は購入がおすすめ

無線機はレンタルという方法もありますが、レンタルの場合は1日単位になってしまいます。普段の業務に取り入れるとなると購入がコストを考えても最適といえるでしょう。ただ、いきなり購入となると機種の良し悪しも確認できなくなってしまうので、まずはレンタルからはじめてみて機種選びをするのをおすすめします。

まとめ
規模
エステサロンの規模にもより、フロアをまたいでいるエステサロンもあり、大規模であれば数十台が必要になります。 主な使用場所:エステサロン内で使用することが多いのですが、お店の前などでチラシ配りをしてるスタッフが使うこともできます。
主な使用場所
エステティシャン、レセプション、その他のスタッフが1人1台となると、数十人の利用者数になります。
おすすめ機種
通信がしやすいデジタル簡易無線がおすすめです。壁が多いエステサロンでも安心です。
無線機を使うことのメリット
無線機を使うことでお客さんのご案内や情報共有、施術の状態などを確認することができます。
無線機を使った際の注意点
無線機を使っているとついつい声が大きくなりがちですが、エステサロンは静かな雰囲気であるため、場の雰囲気を一番に考えて使用する必要があります。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線を使った場合、1台で安くても2,000円となっています。購入はその10倍近くになってしまうため、エステサロンの場合は購入のほうが最終的にコスト削減ができるといえます。
まとめ
エステサロンでの無線機導入はとてもメリットがあります。どれぐらいの規模か、出力数はどれぐらい必要かを確認したうえで機種選びをしましょう。出力によって費用も変わるため、どれぐらいの予算で導入したいのかもあらかじめ決めたうえで選ぶことをおすすめします。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較