アイコン

パーティー編

結婚式場やパーティー主催会社の方向け

パーティーの参加者に満足してもらい、かつリピーターとなってもらうためには、参加者全員にストレスのない運営をしなければなりません。運営側の都合で流れが中断するようなことがあっては、参加者たちも興覚めです。ここでは、結婚式場やパーティー主催会社などの方々に対し、パーティーにおける無線機の有用性について解説しています。パーティーの円滑な運営をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

導入事例

ケーススタディ パーティーの円滑な運営やアクシデント発生時の頼もしい通信手段

披露宴や婚活パーティー、合コンなど、世の中にはさまざまな目的で催されるパーティーがあります。これらパーティーが、定刻にしたがって滞りなく執り行われれば、なんら問題はありません。

しかしながら、パーティーには思わぬアクシデントも少なくないもの。天候の事情で交通機関が乱れたり、主賓に急が生じて運営の変更を余儀なくされてしまったり…等々。たとえアクシデントが起こらなかったとしても、パーティーの円滑な運営のためには、運営側スタッフのリアルタイムでの意思疎通がとても重要になってきます。

そんなパーティーの運営スタッフの頼もしい味方が無線機。リアルタイムでスタッフが意思疎通する手段には、無線機だけではなく携帯電話もありますが、利用料を考えると、スタッフ個人の携帯電話を使うわけにはいきません。社用の携帯電話を契約すれば、決して小さくない利用料が月々コンスタントに発生します。

パーティーの運営に携わる業種では、ぜひとも無線機の導入を検討してみたほうが良いでしょう。

ある結婚式場での導入事例

ある結婚式場では、披露宴に際して無線機は欠かせないそう。バスの到着が遅れているときに厨房に連絡を入れたり、メインディッシュのタイミングをシェフに伝えたりなど、無線機は披露宴で大活躍だそうです。

通話にはイヤホンが使用されるため、無線機を使っても来賓者たちの雰囲気を損なうことはないとのこと。

雲仙市の「婚活支援事業」における導入事例

長崎県雲仙市では、市民の「定住促進対策事業」の一環として、「婚活支援事業補助金制度」を設けています。婚活支援を促進する企業やNPOI法人、任意団体を対象に、婚活パーティーなどの実施にかかる費用の一部を、市が助成するという制度です。

助成項目のひとつある「委託料」の中には、会場や音響などの設営・運営にかかる費用が含まれています。無線機のレンタル費用も含まれていると考えて良いでしょう。

まとめ
規模
数十人規模から数百人規模までの各種パーティーにおいて、運営側スタッフにおける無線機の使用が推奨されます。
主な使用場所
基本的には屋内となりますが、パーティーの種類によっては屋外でも構いません。たとえ屋外であれ、簡易無線機が届かないほどの大規模なパーティーは、ほとんどないでしょう。
無線機の利用者数
スタッフ全員が無線機を持つのが理想です。最低でも、各部門(会場運営、厨房、出迎えなど)のリーダーは各自所有したほうが良いでしょう。
おすすめ機種
デジタル簡易無線機が妥当と思われます。会場の規模や建物の構造などに応じ、適宜、専門店から助言を仰ぎましょう。
無線機を使うことのメリット
パーティーの円滑な運営、および突発的なアクシデントへの対応に有効です。
無線機を使った際の注意点
建物の構造による通信状態の可否や、売上に対する初期費用・レンタル費用との兼ね合いに注意しましょう。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線機の場合、レンタルは1台2,000~5,000円ほど。購入は2~5万円ほどです。販売店(レンタル店)や機種等によって価格は上下します。
まとめ
御社が担当する各種パーティーにおいて、実際に無線機が有用であるかどうかを考えみましょう。小規模なパーティーであれば、かならずしも無線機は必要ありません。一度、試験的にレンタルを試してみることをおすすめします。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム