アイコン

飲食店編

顧客満足度も向上!業務が大幅に効率化する飲食店の無線機

レストラン、カフェ、バーなど、飲食店にはさまざまなお店がありますが、顧客の出入りが激しい人気店ほど、無線機を業務に導入すると、接客の速度が増し、顧客を長時間待たせる心配がなくなっていきます。顧客満足度に直結する部分ですから、とても重要ですよね。そこで今回は飲食店で利用したい無線機について、利用方法やコストなどを紹介したいと思います。

導入事例

ケーススタディ ホール・厨房の両方へ的確な指示出しが可能

飲食店で無線機を利用するメリットはとても大きいです。厨房とフロアの業務連絡がスムーズにいきますし、広い店舗ではフロア担当者同士のコミュニケーションもすぐに行えます。例えばあるバーで新しいウイスキーのボトル注文が入ったとします。そのときはフロアの担当者がレジにいる店長に連絡をして、店長がすぐさまバックヤードからウイスキーのボトルを顧客に運びに動くというスムーズな動きが可能になります。他には、レストランで本日のスペシャルメニューの注文が入ったとしましょう。ただ、限定20食など注文に限りがあったとして、現状でフロアスタッフが在庫を把握していなかったとします。しかし、フロアと厨房が無線でつながっていれば、顧客から注文が入った段階で、ホールスタッフがその場で確認できるようになります。
無線機の利用は、店内にとどまりません。例えばレストランの前にスタッフを立たせて、通行人にビラや割引券をまかせていたとします。その配布中に「お店に行きたい」という顧客をビラまき中のスタッフが見つけたとしましょう。その場合、お店の外にいるスタッフは、無線で店内にいるスタッフに、間もなく入店する顧客の人数を伝えて出迎えるように指示ができます。飲食店で無線機を導入すると、以上のようにさまざまな場面で利用のチャンスが出てくるのですね。

デジタル簡易無線を導入してみる

では、飲食店にはどういった無線を導入するといいのでしょうか? 無線と言っても公共性の高い事業者にしか免許が与えられない一般業務用無線、免許も登録も不要で、技適マークのある無線機なら今すぐ利用が可能な特定小電力無線機など、幾つも種類があります。飲食店で使いたい無線機は、理想的に言えばデジタル簡易無線機。こちらは免許が不要で、簡単な登録作業を行えばすぐに利用ができてしまう無線機です。それでいて通信範囲が広いため、お店の外でチラシをまかせているスタッフと店内スタッフが連携を取るといった作業も問題なく行えます。

ヘッドセットやイヤホンマイクを付属品として導入してみる

さまざまな作業が求められる飲食店の世界では、顧客の前でトランシーバーを使うわけにはいきません。その意味でヘッドホンにマイクが付いたヘッドセットや、イヤホンにマイクが付いたイヤホンマイクを付属品としてトランシーバーに装着して、利用するとハンズフリーでの作業が可能になります。トランシーバーに付属させたヘッドセットを耳に装着しておけば、誰か送信者が発信した言葉がスタッフ全員に届きます。情報共有がスムーズに行えます。送信は送信を希望する人が、マイクの送信ボタンを押しながら行います。普段の会話はマイクに拾われませんので、ホールスタッフ全員の声がイヤホンの中で入り乱れる心配はありません。

飲食店の場合は購入がベスト

飲食店での無線機の利用は、日常的な使用が予測されます。何か1日だけ限定で行われるイレギュラーなケースと違って、毎日利用する必要があります。そうしたニーズにおいては、レンタルよりも購入を視野に入れたいです。
ただ、購入となると初期の投資額が大きくなってしまいます。デジタル簡易無線のトランシーバーは1台4万円前後と安くはありませんので、あえて出力を5Wから1Wに落としたトランシーバーを買うという手も考えられます。出力を下げると、2万円台でも購入が可能になります。まずは実際にレンタルで異なる出力の無線機を使用してみて、自分たちの店舗でどの程度の出力が必要なのかをチェックしてから、導入する機種を選んでみてください。

まとめ
規模
キッチンとホールのスタッフが合計10人を超えるなど、比較的大きな飲食店での利用が想定されます。
主な使用場所
店内のキッチンとホール、バックヤード、店舗の目の前の道路でも利用が可能です。ホールの階数が分かれているお店でも便利です。
無線機の利用者数
フロアスタッフには1人1台のトランシーバーを配布し、イヤホンマイクなどを装着させたいです。キッチンのスタッフも主だったメンバーには装着してもらえると理想的です。親機を1台セットして、そこから全員のヘッドセットやイヤホンマイクを同期させるという方法もあります。
おすすめ機種
店舗によっては、無免許・無登録で利用ができる特定小電力無線機でも問題ありません。ただ、それなりの規模がある店舗の場合は、デジタル簡易無線(登録局)が理想的です。ただ、デジタル簡易無線機も出力によって機器の導入コストが変わってきますから、自分たちのお店ではどういった機器が都合がいいのかチェックしてみてください。
無線機を使うことのメリット
ホールとフロア、異なる階数のフロア、フロアとバックヤード、レジとお店の外など、離れた場所でスタッフ同士の連絡がスムーズに行えるようになります。
無線機を使った際の注意点
無線機に気を取られて、顧客からの呼びかけに気づかないなどのトラブルも想定されます。また、あるスタッフが無線を通じて他のスタッフに出している指示などが、顧客に直接聞かれるケースもあります。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線の場合は、1泊2日のレンタルで2,000~6,000円が相場となります。購入はトランシーバーが1台2万~6万円ほどとなります。
まとめ
飲食店の業務で無線機を導入するメリットはとても大きいです。どのような無線機器を導入するかについては、お店の規模や広さ、スタッフの数、業種によって異なります。まずはレンタルで業務に最適な機種を割り出して購入を検討してみてください。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)