アイコン

葬儀業編

葬儀の運営においてミスを防ぐ

葬儀業では、様々な役割分担で多くの人が働いています。スムーズに式が問題なく進行していくには無線機が欠かせないでしょう。より連携を高めるために、導入したいのが無線機です。コストはどれぐらいか、利用するべきシーンについてもご紹介します。

導入事例

ケーススタディ 葬式運営を円滑に進めるためのアイテム

葬儀業の連絡は、設営や撤去時に行うのが主。式場に出ているスタッフは、他のスタッフから要望や希望配達時間などを伝えたりします。 また、道路状況で火葬場へ向かう車が遅れてしまいそうな時でも、一度の連絡で、無線機を持っているスタッフ全員に伝えられます。

葬儀場や受付で通信を行なうときには特定小電力トランシーバー

式場内で済ませられるスタッフ同士のやり取りの手段は、特定小電力トランシーバーがおすすめです。免許不要なので、どんな人でもすぐにレンタルできます。大規模な式場の場合は、別の無線機を使うのが確実です。

大規模な式場や駐車場の通信を行ないときはデジタル簡易無線

複数のフロアや大きな駐車場のある式場では、広範囲に渡る通信が必要になってくるため デジタル簡易無線機がおすすめです。車の誘導や受付の連絡、参列者や弔問者の誘導で、一斉に通信を行なえる無線機です。

遠いところにある火葬場や会社の通信に最適なIP無線機

日本全国、3G/4G、LTE回線のエリア内ならどこでも通信できるところ、GPS位置管理機能があるところ、2つのメリットを兼ね備えた無線機です。この無線機も免許不要で使用できるので安心して使用できます。

使うべき無線機の選び方

無線機の使い道がたくさんある葬儀業において、大切なのは運営規模の中できちんと通信できるかどうか。式場の規模によっては通信がしづらくなる可能性もあるので、出力が強くちゃんと通じる無線機を選ばなくてはいけません。

まとめ
規模
式場で使う人、運転しながら使う人など、規模はそれぞれ異なりますが、ある程度まとまった人数での使用が想定されます。火葬場との連絡を取る場合はIP無線機は使うといいでしょう。
主な使用場所
葬儀の式場をはじめとして、移動車両や火葬場が主に挙げられます。
無線機の利用者数
基本的に1人1つという形で装着、1人1台までは必要ないですが、より円滑に連絡を取り合うためにはある程度の台数が必要になります。
おすすめ機種
葬儀業で使用する無線機は、通信がしっかりとできるかどうかが大切です。IP無線機もしくは業務用無線機がおすすめです。どれぐらいの距離で通信をすることが多いのかで検討してみましょう。
無線機を使うことのメリット
無線機を使えば携帯電話でのやり取りをする必要もなく情報交換ができます。
無線機を使った際の注意点
静粛な式場の中でいつ連絡が入るかわからないと待っていなくてはいけないため、利用するシーンや時間帯、音量には注意を払ったほうがいいでしょう。
レンタルと購入の想定予算比較
IP無線機と業務用無線機は購入で5万円ぐらいから50万ぐらいまでになります。 レンタルだと価格安く用意できるところもあるので、コストは削減できます。 ただし、レンタルがお得になるのは短期で使う場合で、普段から使う場合は購入のほうがコストカットできます。
まとめ
規模の小さい式場であれば特定小電力トランシーバー。複数フロアや駐車場がある場合はデジタル簡易無線。火葬場が遠くにある場合はIP無線機。葬儀業で使う無線機は、とにかく通信がきちんと範囲内でできることが重要といえるでしょう。規模に応じて、使う無線機を決めていくのがベストです。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム