アイコン

乗馬クラブ編

すぐに連絡が取れ、誘導や受付などで活躍する無線機

無線機は万が一のアクシデントを防ぎ、スタッフ同士の連携をスムーズにしてくれるアイテムです。乗馬クラブにおいても、馬場や厩舎などをはじめ、トレッキングコースの中などの屋外からでも事務所やスタッフが必要に応じて連絡を伝えることができます。今回は、乗馬クラブにおける無線機について利用方法やコストなどについて紹介していきたいと思います。

導入事例

ケーススタディ 現場管理に活躍してくれる

スタッフと事務所同士のやり取りに活躍

乗馬クラブでは、健康増進や余暇の楽しみの一つとしてさまざまな需要が見込まれます。現場のスタッフは引き馬、乗馬、さらには養成コースなど、初級から上級者の対応まで幅広く業務をこなしていきますが、その際に起きるさまざまな連絡事項やアクシデント対応、馬自身の体調管理などに無線機を活用することができます。
シニア層の乗馬はバランス感覚の衰えによる落馬のリスクが大きく、幼児など小さなお子さんにとっては馬の後方に立って思わぬ怪我を被ってしまうリスクが考えられます。それ以外にも、馬との相性の問題もあるため、さまざまなアクシデントの可能性を考慮しながら、スタッフが柔軟に立ち回る必要があります。一人では対処しきれない問題が発生した場合、無線機があれば他のスタッフとすぐに連携することができるので、無線機がトラブル防止の心強い味方になってくれます。

万が一利用者がレッスンやアクティビティの途中で怪我などをした場合、すぐに事務員に連絡をして、緊急時の対応に移らなければなりません。その際、人手が必要になることがほとんどですので、情報共有のために無線機を所持していることが望まれます。

まとめ
規模
乗馬クラブ内であれば比較的どの無線機でも対応は可能ですが、クラブが山奥の電波の届きにくい場所にあったり、アクティビティのために野外に出るようなケースでは、広範囲に受信が可能な無線機を装備しておく必要があります。
主な使用場所
乗馬クラブ内、野外など、屋内外で使えるものが理想的です。
無線機の利用者数
現場のスタッフと屋内の事務員がそれぞれ1台ずつ所持しているとベストです。
おすすめ機種
乗馬クラブ業務においては、船舶と陸上での貨物のやり取りをスムーズに、かつ安全に行うため、通信品質の良い機種がベストです。屋外でもクリアな音声が届けられるものが良いでしょう。
無線機を使うことのメリット
馬による万が一のアクシデント、または利用者の体調不良や怪我など、アクティビティや練習などにおけるアクシデントの対応がスムーズになります。
無線機を使った際の注意点
無線機は広範囲の受信が可能なもので、かつ屋外の活動でも壊れにくい頑丈なものが良いでしょう。受信状況の悪い無線機はアクシデント発生時に対応が遅れる可能性がありますし、壊れやすい無線機の場合、馬との衝突などで簡単に利用不可になってしまう可能性が考えられます。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線では約2,000円程度から6,000円前後が一般的なレンタル料金となっています。購入の場合、トランシーバータイプで1台につき2万円程度の価格となります。
まとめ
乗馬などに詳しくない初心者から、プロを目指す上級者まで、さまざまな利用者が訪れる乗馬クラブでは、さまざまなアクシデントや馬の体調の変化などを見極め、適切にアクティビティを楽しめる環境を整える必要があります。その際に無線機があれば、すぐに事務と現場での意思疎通が可能になるため、連携がスムーズになり、アクシデントを防ぎつつ最適な活動を提供することができます。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較