アイコン

カラオケ店編

受付と個室とのやりとりが円滑になりトラブルを回避できる

カラオケ店ではお客が個室を利用するため、受付と連携を取りながら準備や清掃などを行うことがスムーズな運営に欠かせません。部屋数が多ければその分連携をとるのが難しくなりますが、無線機で連絡を取りながら行えば、受付で待ち時間を確認でき、回転率を上げることにつながります。今回は、カラオケ店で無線機を利用するメリットや、おすすめの使い方についてご紹介します。

導入事例

ケーススタディ 受付との円滑なやりとり、トラブル回避の実現

カラオケ店では、受付を済ませた後は基本的にお客は個室で電話やリモコンなどを通して注文を行うようになります。そのため、スタッフが注文を取りに行く必要はありませんが、混雑する時間帯は出ていくお客と入るお客の入れ替わりをスムーズに行うことが不可欠です。

カラオケ店のスタッフは、決まった役割があるわけではなく、ひとりひとりが清掃や料理の提供、トラブル対応などにあたるため、臨機応変な対応が求められます。 特に、混雑している曜日や時間帯では、お客は「待ち時間がどれくらいか」でお店を選別するので、すぐに返答できるよう受付とスタッフの連携が瞬時にできることが理想的です。そのためには無線機による通信がもっとも適していると言えるでしょう。
また、店内だけでなく、店の外で呼び込みしているスタッフとも連絡が取れれば、呼び込みに応じたお客をすぐに部屋に案内できるよう、瞬時に準備することもできます。競合店が連なる駅前などでは、いかに素早く対応できるかがカギですので、無線機によって連携が取れれば多くの顧客を呼び込むことができるでしょう。

機動性の高いインカムを導入してみる

カラオケ店でのスタッフは、常に動いており清掃や準備、料理の運びなどをしているため、片手がふさがるようなトランシーバーは不向きと言えます。できればイヤホン付きマイクやヘッドセットなどのインカムを導入してみるといいでしょう。また、店内はカラオケによる大音量やBGMが響いているため、呼び出しや音声を聞き取りやすいイヤホンやヘッドセットが適しています。

無料で試してから購入するのがおすすめ

無線機はレンタルするか購入するかの2通りの方法がありますが、営業時間が長く、経営している間は常に使用することが求められるカラオケ店ではレンタルよりも購入のほうが長い目で見てお得になるでしょう。まずは、無料で試せるタイプを探してみてください。

まとめ
規模
小規模な個人経営のカラオケ店ではなく、チェーン店の部屋数の多いカラオケ店での利用がおすすめです。
主な使用場所
カラオケ店の大音量が響く個室や受付、キッチン、さらには店外での呼び込みなど使用範囲は広めです。
無線機の利用者数
カラオケ店では個室の清掃や接客などさまざまな業務を一人でこなすため、スタッフ全員が無線機を持つことが理想的です。受付には必ず1台は設置しておき、どこの部屋が空いているか、準備にどれくらい時間がかかるかなどを常に把握できるようにするといいでしょう。
おすすめ機種
スタッフの機動性が重視されるため、軽くて小型の無線機や、両手を使いながらでも話ができるヘッドセットが便利です。一般的には特定小電力無線機といわれるトランシーバーを導入しているところが多いでしょう。
無線機を使うことのメリット
混雑する曜日や時間帯でもお客を待たせることなく、スムーズに誘導でき、回転率を上げることができます。
無線機を使った際の注意点
導入時の初期費用やメンテナンスなど、費用面での負担が大きくなりがちなので、収支のバランスを考えて導入を検討してください。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線機の費用は、レンタルで1台2,000~5,000円ほど、購入は1.5万円くらいからが相場になりますが、カラオケ店では常時利用することになるので、購入したほうがコストパフォーマンスは高いと言えます。
まとめ
スタッフが多ければその分無線機の数が必要になりますし、メンテナンス費用もかさみますので、まずは無料で試してみて、導入によってどのような利益が見込めるかなど、収支のバランスを検討してみてください。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較