TOP » 知っておきたい無線機・トランシーバー・インカムの活用方法 » 携帯電話ショップで無線機を活用
アイコン

携帯電話ショップ編

案内係とカウンタースタッフの連携がとりやすい

携帯電話ショップでは、携帯電話を購入するお客さんもいれば、修理や相談に来たり、操作方法の説明を受けに来るお客さんもいます。様々な用事で訪れるお客さんが多いことから、スタッフ同士の連携がとても大切であるといえるでしょう。連絡手段としておすすめなのが無線機です。どのような無線機が向いているのかをご紹介します。

導入事例

ケーススタディ 在庫確認と連携が容易

携帯電話ショップの場合、スタッフの役割が分かれています。案内係のスタッフは、来店したお客さんが何を目的として来店したのかを確認し、カウンターへと案内したり商品の説明をしたりする役割があります。一方でカウンタースタッフは、契約をするお客さんを接客することもあれば、修理の相談で来店したお客さんにその提案、さらには操作方法がわからずに来店したお客さんへのサポートなども行わなければいけません。案内係はカウンタースタッフに対し、お客さんが何の用事で来店したのかを知らせ、スムーズに案内を行います。この連携をとるために、無線機がおすすめです。カウンタースタッフに口頭で伝えに行くのは面倒ですし大変ですが、無線機ならボタンを押して話すだけでカウンタースタッフに伝わります。また、カウンターが満席のときには、スタッフ間で連携を取り、あとどれぐらいで席が空きそうかを確認、待っていただけるように時間を伝えるためにも、無線機が役立ちます。

携帯電話ショップで契約をする場合、まずその場に契約をしたい機種の在庫があるかどうかを確認しなくてはいけません。広いショップになると在庫確認に時間がかかってしまいますし、その間お客さんを待たせることになってしまいます。無線機があれば、在庫確認をしてくれるスタッフと連携を取りながら、在庫状況を把握できます。

まとめ
規模
携帯電話ショップの規模によっても異なりますが、数十人規模での使用が想定されます。
主な使用場所
店内での使用がメインとなります。ビル内で複数回にフロアが分かれていても使用できます。
無線機の利用者数
店内で勤務している1人1台の利用が望ましいです。
おすすめ機種
特定小電力無線機なら簡単に導入できますが、規模が大きくなるとデジタル簡易無線が理想的です。どれぐらいの出力を必要とするかを考え、チェックしてみましょう。
無線機を使うことのメリット
スタッフ同士の連携がスムーズになるため、お客さんを待たせることなく案内ができます。
無線機を使った際の注意点
無線機を使うと、目の前の接客に集中できないといったトラブルが可能性として考えられます。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線は1泊2日で2,000円程度からとなります。購入となると20,000円からです。
まとめ
携帯電話ショップでの無線機利用は、スタッフにとってもお客さんにとっても、メリットがとても大きいといえます。どのような無線機が利用しやすいかはお店の規模や状況によって異なります。まずレンタルで試してみてから決定しても良いでしょう。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較