アイコン

ネットカフェ編

静かな店内でも的確に指示が出せる無線機が活躍

ネットカフェでの業務は、受付だけでなく、席やブースの清掃、フードの提供、本や雑誌の整理などがあります。席やブースはカラオケ店の個室よりも狭く、店内はそれほど広くありませんが、混雑する時間帯では素早い作業が求められます。空いた席やブースはすぐに清掃し、次のお客がスムーズに入れるように準備することが必要なので、瞬時に連絡が取れる無線機は重宝します。ここでは、ネットカフェで無線機を利用することのメリット、効率的な使い方などについてご紹介します。

導入事例

ケーススタディ 静かな店内でも的確に指示が出せる無線機が活躍

ネットカフェは、カラオケ店などと違い極力音を出さずに静かに過ごす施設です。24時間営業している店舗も多く、終電を逃して始発の電車待ちのお客などは仮眠などの目的で利用するため、あまり大きな音が出せません。ブースも個室とは言っても上部が開いている仕切りのみなので、大きな音や話し声は筒抜けとなってしまいます。 そこで大声でスタッフに指示を出すことはできませんので、なるべく小さな音量で的確に指示が出せる無線機はネットカフェの業務において重宝します。イヤホンタイプのインカムならば、音が漏れる心配もないでしょう。

清掃やフードの提供をスムーズに行えて回転率が上がる

ネットカフェは24時間営業しているところが多いですが、特に週末や夜間は混むことも多いので、できるだけ待ち時間をなくすためにスムーズな清掃や対応が不可欠となります。
そのため、スタッフはすべてインカムを装着し、どのブースが空きそうか、すぐに清掃に入れるかどうか、フードの提供ができるかどうかなどの情報を共有する必要があります。 こういった連結が取れていれば、席を空けておくことなく、すぐにお客を案内できて回転率を上げることができます。

まとめ
規模
ネットカフェはブースの面積が狭いので、店内全体の規模は比較的小さめです。ただ、ビルのいくつかの階層に分かれていることもあるため、上下の移動範囲が広い場合もあります。
主な使用場所
受付やキッチン、トイレやシャワールーム、各ブースと本棚のある通路など。面積自体は広くありませんが、通路やブースは狭いのでコンパクトで軽量のものが使いやすいでしょう。
無線機の利用者数
ネットカフェ自体は24時間営業していますが、スタッフは各々のシフトに合わせて稼働しているため、一度に利用する人数はそれほど多くありません。ただ、稼働時間が長くなると電池が切れやすくなるので、すぐに交換できるか予備のものがいくつかあるといいでしょう。
おすすめ機種
ネットカフェでは小声で通信できるイヤホンマイクやヘッドセットなどのインカムがおすすめです。トランシーバー自体も、邪魔にならないよう小型で軽量のものを選ぶといいでしょう。
無線機を使うことのメリット
大声を出せない店内では、耳元で通信できて的確に指示を出せたり、情報共有ができたりするインカムタイプの無線機が活躍します。狭い店内でも効率よく業務を行うことができ、お客の待ち時間をなくし、回転率を上げることにつながります。
無線機を使った際の注意点
ネットカフェでは24時間営業のところが多いので、スタッフが入れ替わってもそのまま使い続けられるような持続時間の長いものがいいでしょう。いざという時に使えないと意味がないので、すぐに電池を入れ替えられるものや、交換しながら充電できるように複数台の予備があると安心です。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線機の費用は、レンタルで1台2,000円からが相場です。ネットカフェでは24時間休むことなく使用することが想定されるため、購入したほうがコストパフォーマンスは高いでしょう。購入する前に無料で使い勝手を試してから決めることをおすすめします。
まとめ
ネットカフェでの無線機は通信手段として最適ですが、重たくて大きい機種はかえって作業の邪魔になってしまう危険性もあります。そのため、購入する前にレンタルや無料のお試しなどでどの機種がいいか確かめてから導入しましょう。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較