アイコン

駐車場管理編

駐車場管理につきものの連携を無線機でスムーズに行えるようになる

迅速かつスムーズな誘導を可能にしてくれる無線機は、駐車場管理に非常に適したアイテムです。車の誘導はもちろん、事故防止や万が一のトラブルへの対処などにも活躍するため、無線機があるだけでもさまざまな備えができます。今回は、駐車場管理に利用したい無線機について、利用方法やコストについてまとめていきたいと思います。

導入事例

ケーススタディ 事故予防にも活躍する駐車場管理の無線機

駐車場は、立体式や機械式などさまざまなタイプが存在していますが、一度に数百台以上の車を収容できる大規模な駐車場では、管理者の経験やノウハウだけでは管理が追い付かない場合があります。車の出入りやトラブル発生時の対応などについては、緊密な連携や連絡体制の構築が必須となるため、無線の存在が欠かせません。スタッフ同士のスピーディな連携はもちろん、一体化を図るためにも、無線機は非常に役に立つ存在といえるでしょう。

無線機を使えば、現場のスタッフ同士のやり取りが円滑になるため、駐車場に多い衝突事故や人損事故などへの予防と対処、さらには地震や火災などの災害の発生時にも迅速に対応することができます。
特に駐輪場と駐車場を併設しているような駐車場や、歩行車の多い場所にある駐車場などでは、思わぬアクシデントが少なからず発生しやすく、無線機によってスピーディに救急や消防を呼んだり、管理会社と連絡を取ったりするといった対応が可能になります。
また、駐車場内で発生する盗難や故障などのアクシデントについても、無線機を使って柔軟に連絡を取れるので、現場とその外側との連携によって問題にしっかりと対処することができます。

離れていても安心

駐車場内で手の空いているスタッフを探したり、複数のスタッフに一斉連絡を取ったりするといった対応も、無線機があればすべて可能となります。緊急事態発生時の対応についても、一斉連絡を行うことによりスタッフ全員が均一化した対応を取ることができますので安心です。

まとめ
規模
複数階建ての立体駐車場や、地下駐車場など規模の広い環境での活用が想定されます。また、人通りの多い場所などアクシデントが発生しやすい環境下での使用にも適しています。
主な使用場所
駐車場の内部、管理室、地下空間、屋上、駐車場の外など、さまざまなシチュエーションでの使用が想定されます。
無線機の利用者数
誘導作業を行うスタッフに無線を配置するのが理想的ですが、連携を取るべきところには1台ずつ配置するのがもっとも理想的です。スタッフの誰か一人が親機を持ち、他のスタッフにイヤホンマイクを装備してもらって、連絡内容を周知することもできます。
おすすめ機種
地下駐車場など、電波の届きにくい環境ではIP無線機などの導入が理想です。機器の扱いやすさ(操作性)やコストなども考えて、最適な無線を選ぶことが大切です。
無線機を使うことのメリット
無線機には迅速な車の誘導のほか、急なトラブルやアクシデントへの対応、駐車場内の管理など、あらゆるシーンにおいてメリットがあります。事故や災害発生時には迅速な対応が可能となります。
無線機を使った際の注意点
導入時のコストについては、無線機を必要とするスタッフの人数や活用シーンなどをしっかりと考えておく必要があります。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線のレンタル料金は1泊につき2,000円から6,000円前後です。購入の場合は、トランシーバーで1台2万円程度から手に入ります。
まとめ
無線機を駐車場管理の場で使うことによって、誘導の遅延や確認ミスの頻度を下げることができます。また、スタッフ同士の連絡がスムーズに流れるため、全体としての作業効率がアップすることが見込まれます。災害などのアクシデントにも強いため、レンタル・購入の両面からコストを比較し、最適な無線を選んでみてください。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム