TOP » 知っておきたい無線機・トランシーバー・インカムの活用方法 » 個人利用 » マリン(レジャー)に適した無線機とは
アイコン

マリン
(レジャー)編

無線機を使えば楽しさ倍増!緊急時の連絡にも

マリンで無線機というと監視員が使っているイメージかもしれませんが、レジャー目的の使用もできます。携帯電話でも連絡は取り合えるものの、携帯電話は水に弱く、故障してしまうかもしれません。無線機なら防水仕様の機種も豊富。見通しの良いビーチは電波が届きやすく、無線機を活かすには絶好の場面です。ここではマリンレジャーでの無線機の活用方法について詳しく解説。無線機の選び方やおすすめの機種もご紹介します。

導入事例

ケーススタディ 広い場所でも手軽に連絡が取れる

マリン(レジャー)で無線機が役立つ場面

広いビーチや移動中の連絡をスムーズに

無線機はビーチに移動中の車内でも活用できます。複数台の車に分乗しているときも、それぞれの車にセットして相互に連絡を取り合うことが可能。途中でコンビニやガソリンスタンドに寄りたいという連絡も、一斉に届けることができます。観光名所に詳しい人がいれば、バスガイドのようにみんなに解説するのも楽しそうです。

ビーチに到着してからはさらにその本領を発揮。広いビーチでもお互いに連絡が取れるので、はぐれることがありません。イヤホンマイクを使えばハンズフリーで連絡を取れます。携帯電話と違って呼び出しの手間もかからず、通信料もかからないのが魅力です。万が一のときも1回の送信でみんなに連絡できるので、安全管理にも役立つでしょう。

海上に出ても隔たるものがないから快適に通信できる

無線機の通信範囲は地形や建物の形状によって大きく左右されます。たとえば通信範囲が1kmと書いてあっても、電波を遮るものがあったら100mも飛ばないことも。しかしビーチは見通しが良く、電波を遮るものがないので、かなり遠くまで電波が届くのです。電波の出力がもっとも小さい特定小電力トランシーバーでも、遮るものがないため広範囲で通信できます。

さらに防水仕様の無線機ならそのまま海に入っても大丈夫。万が一波にさらわれて沖に流されたとしても、仲間に連絡を取って助けを呼ぶことができます。特定小電力トランシーバーなら低価格で導入できるので、緊急時の連絡のために無線機を持っておくのもいいかもしれません。

マリンでの使用は海水や雨水に対応したものを

防水効果のあるものを

マリンでの使用には防水が欠かせません。これに加えて防塵もついていれば、どんな場所でも安心して使えます。防水・防塵の性能を表すのはIPではじまる4文字の記号です。たとえばIP67と書かれていたら、粉塵が内部に侵入しない性能と、水中に浸しても影響を受けない性能をあわせ持っています。

4文字目が防水機能を示す数字なので、水中に入れる可能性があるならIP○7を選ぶようにしましょう。水面下1mに30分浸しても、内部に水が入らない構造になっています。水に落としても浮く無線機もあるため、海に落とす心配があるならこうした機種を選ぶと良いでしょう。免許取得不要で使える無線機も多く、これまで無線機を全く使ったことのない初心者にも安心です。

ケーススタディ 無線機の選び方

マリンレジャーで使う無線機は、ビーチだけで使うものと、海上でも使うものとでは違った性能が求められます。それぞれの環境や必要となる機能を踏まえて選ぶようにしましょう。無線機選びのポイントを紹介します。

特定小電力無線機でもOK

海で使うなら特定小電力トランシーバーでも十分です。特定小電力トランシーバーは資格・免許が一切不要で、誰にでも使うことができます。それだけ電波の出力は弱く、広範囲で通信することはできません。しかし、それは室内で使う場合です。室内だと壁で電波が遮られやすく、数十メートル先であっても通信できないケースがあります。

一方、海は遮るものがなく比較的長距離の通信が可能です。また、特定小電力トランシーバーは購入でもレンタルでも安いのが魅力。レジャー目的でも気軽に導入ができるでしょう。

海上に出るなら海に特化した無線機で

ビーチだけでなく海上でも使うのであれば、ダイバー用のトランシーバーなど防水性にすぐれた無線機を選ぶと良いでしょう。「マリンレジャーにおすすめ」と書かれたものもあります。どれがいいかわからない場合は、業者に「マリンレジャーに使いたいのですが」と相談するのもひとつの方法です。なかにはマリン用通信機器に特化したメーカーもあります。

船舶に使われるような本格的な無線機もありますが、こちらは免許や資格が必要。最初のうちは初心者にも扱いやすい、免許・資格不要の無線機を選ぶようにしましょう。

イベントレベルの人数ならデジタル簡易無線やアマチュア無線も

少人数だと防水の携帯電話で十分だと感じるかもしれません。しかし、人数が増えれば増えるほど無線機のメリットは増します。携帯電話は話したい相手をその都度呼び出す手間がかかりますが、無線機は1回の送信で無線機を持っている人全員に音声を届けることが可能。デジタル簡易無線やアマチュア無線なら、クリアな音声を確実に届けられます。

アマチュア無線は資格や登録が必要になりますが、デジタル簡易無線なら簡単な登録だけで使用可能。特定小電力トランシーバーと比べて広範囲にまで電波が届きます。

レンタルor購入 マリン利用での無線機は?

継続して使う予定がなければ、わざわざ無線機を購入するよりもレンタルがおすすめです。購入を考えている場合でも、最初にレンタルで使い勝手を確かめておけば「こんなはずじゃなかった」という後悔を防げます。レンタルならアクセサリも借りられるので、イヤホンマイクやヘッドセットの使い心地をあらかじめ確認できるのもうれしいポイント。デジタル簡易無線の登録申請は業者が行ってくれるので、手間がかかりません。

まとめ

マリンレジャーで無線機を使う場面を想定してみましょう。

無線機の利用人数と規模
少人数からイベントレベルの多人数まで対応可能。チャンネルとグループを合わせれば、みんなで連絡を取り合うことができます。少人数では防水の携帯電話で事足りるかもしれませんが、人数が増えれば増えるほど無線機のメリットは増すでしょう。特に2家族以上が複数台の車で移動する場合は、無線機があれば移動中も話ができて便利です。
主な使用場所
移動中の車内、ビーチ、海上など。大人数で行動する場合は、グループごとに居場所が異なる可能性もあります。広範囲で通信ができる無線機であれば、別々の場所にいる人同士でも連絡を取り合うことが可能です。ビーチや海上は遮るものがなく見通しが良いため、室内で使う場合よりも広範囲に通信ができます。

マリンレジャーで使うときには水中に入ることもあるので、防水機能は必須。加えて防塵機能もついていれば、砂ぼこりの多いビーチでも安心して使うことができるでしょう。
特定小電力無線機は手軽に使える
遮るものがないビーチや海上なら、特定小電力トランシーバーでも電波が届きやすいです。こちらは免許も資格も不要なので、手軽に使えます。また登録だけで使えるデジタル簡易無線も選択肢のひとつです。本格的に無線を使うのなら、国際VHF無線がおすすめ。こちらは第三級海上特殊無線技士の資格免許が必要ですが、1日の講習を受ければ取得可能です。
無線機を使うことのメリット
混雑している広いビーチでは、仲間とはぐれることもしばしば。無線機があれば仲間同士でスムーズに会話ができるので、それぞれが別行動していても連絡可能です。「何時にどこへ集合」といった大勢に伝えたい連絡事項も、無線機なら1回の送信で全員に伝達できます。

防水機能のついている無線機なら、海に落としても問題ありません。マリンレジャーはときに危険が伴うもの。無線機があれば緊急時に助けを求めることもできて、安全のためにも役立ちます。
無線機を使った際の注意点
マリンレジャーと水は、切っても切れない関係です。使う無線機は必ず防水仕様のものにしましょう。ビーチには砂ぼこりが多いので、防塵機能もあったほうがベター。特定小電力トランシーバーなら免許も資格も不要ですが、ほかの無線機ではルールがあります。たとえば、デジタル簡易無線は船舶の安全を確保するための通信には使用できません。個人同士が使用する分には問題ありませんが、覚えておくと良いでしょう。また国際VHF無線を使うためには、第三級海上特殊無線技士の資格が必要です。
レンタルと購入の想定予算比較
レンタルは1泊2日で980円~。購入の場合、本体価格は数千円ですが、アクセサリもつけると10,000円以上かかります。使用頻度が低ければ、レンタルで十分でしょう。合わないアクセサリを買ってしまうとお金の無駄になってしまいます。レンタルならアクセサリの使い心地を試すこともできるので、購入する場合でもまずはレンタルから試してみてはいかがでしょうか。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム