アイコン

スキー編

特定小電力では届かないことも!デジタル簡易無線を持ち込もう

冬の代表的なアクティビティ・スキーには、まさかのトラブルがつきものです。緊急時の連絡手段として携帯電話も使えますが、スキー場のどこでもつながるわけではありません。こんなときおすすめなのが無線機です。仲間とコミュニケーションを取りやすく、広いゲレンデで場所がわからなくなったときにも安心。ここでは、スキーに適した無線機の選び方について解説します。

導入事例

ケーススタディ 友達のコミュニケーションを気軽に楽しむ

スキー場は天候が変わりやすいもの。吹雪に遭遇すると見通しが悪くなり、仲間とはぐれてしまったり、自分の居場所がわからなくなったりすることもあります。携帯電話も連絡手段になりえますが、グローブ着用のままでは使いづらく、場所によっては圏外になってしまうことも。こんなときは無線機のほうが連絡を取りやすいです。仲間とのコミュニケーションを楽しむこともできるでしょう。

グローブをはめたままでも簡単に交信

最近では携帯電話の電波が入るゲレンデも少なくありません。しかし、携帯電話を使うためにはグローブを外して操作する必要があります。特に、スマホは手がかじかんでいるときには操作しづらいことも。電話がかかってきても気付きづらく、仲間からのSOSを見落としてしまうかもしれません。無線機であれば、PTTボタンを使って手軽に発信することができます。受信は何も押さなくても入ってくるので、利便性が高いです。

耐水性もあり落としづらいのも安心

無線機は耐水性が高くて丈夫なのも魅力です。スマホは水濡れで故障してしまうことがありますが、無線機の種類によっては水に落としても平気なものも。イヤホンやマイクなど無線機のアクセサリーを使えば、ポケットに入れたままで操作ができます。落下による故障を防ぐこともできて、一石二鳥です。

離れた相手とも簡単にやり取り

仲間と一緒にスキーに行っても、滑り出すとバラバラになってしまうもの。そんなとき、広いゲレンデで仲間を探し出すのは困難です。ひとりだけはぐれたときや、休憩をしたいとき、無線機があれば相互で連絡を取ることができます。

特に携帯電話と比べて優れているのは、1回の送信で複数人に連絡できること。携帯電話では一人ひとりに電話をかける手間がありますが、無線なら無線機を持っているすべての仲間に連絡できます。滑りながらリアルタイムで連絡を取ることもできるので、危険な箇所を共有することも可能。いくら話しても通話料がかからないのも魅力です。

ケーススタディ 無線機の選び方

スキー場でぜひ活用したい無線機ですが、ここからは具体的な選び方について紹介します。広いゲレンデで交信するためには、ある程度の高出力が求められます。また、雨や雪に強い防水仕様のものや、秘匿通信モードが付いているものを選ぶと良いでしょう。

デジタル簡易無線が無難

手軽な無線機というと特定小電力無線機が挙げられますが、出力が低いため、広いゲレンデでは苦戦します。おすすめはデジタル簡易無線です。2人以上で同時に会話を楽しむことができ、離れた相手ともやり取りすることができます。資格不要で操作することができ、出力も十分です。ただし、総合通信局への届け出が必要なので忘れないようにしましょう。無線機ショップが代理で申請してくれるサービスもあります。

アマチュア無線でも対応できるがやや面倒

本格的に取り組むなら、アマチュア無線機も選択肢に入ります。デジタル簡易無線と比べてさらに出力が大きく、安定した通信を楽しむことができます。ただし、アマチュア無線を使うためには資格が必要です。資格を取るためには国家試験を受けるか、講習を受けなくてはなりません。また、資格を取ってもその後登録や更新が必要になり、その都度費用がかかるため、少しハードルが高くなっています。無線そのものに興味があるなら導入を検討しても良いでしょう。

ケーススタディ 選ぶ時はここをチェック

秘匿通信が可能か

広いゲレンデにはたくさんの人がいるので、話している内容を他人に傍受されてしまうかもしれません。デジタル簡易無線には秘匿通信モードが付いているものもあります。プライベートな会話を聞かれたくないときには、この機能が付いた機種を選ぶようにしましょう。

防塵防滴仕様になっているか

雪の中で使うことになるので、防水仕様は必須です。水濡れによってスキー中に無線機が故障してしまうと、緊急の連絡ができなくなってしまいます。防水規格は8段階あり、IPX7の防浸形なら1mの水深に30分間水没しても内部に浸水しません。スキー場は山奥にあることも多いので、防塵仕様も付いていると安心です。

ケーススタディ 必要なアクセサリー

イヤホンとマイクは必ず用意しよう

無線機単体でも使うことはできますが、スキーやスノーボードに乗っているときに手に持って会話をするのは現実的ではありません。無線機をポケットに入れたまま会話するためのイヤホンとマイクが必須です。イヤホンとマイクにはさまざまな種類があるので、口コミを調べたり、自分で試したりしながら決めると良いでしょう。

はじめてや気になる機種はレンタルでチェック

スキーをするのが年に数回程度なら、購入するほどではないかもしれません。デジタル簡易無線はレンタルが可能で、アクセサリーも一緒に貸し出してもらえます。総合通信局への手続きもレンタル業者がしてくれるので安心。これから購入を考えている人でも、まずはレンタルで使い勝手を試してみると良いでしょう。その分だけ費用がかかってしまいますが、事前に確認しておくことで、合わない機種を使い続けるストレスを避けることができます。

まとめ
規模
スキー仲間2~10人程度と通信が可能です。仲間たちで同じ機種を一括でレンタルするなどして通信を楽しんでください。
主な使用場所
スキー場全体で使うことができます。携帯電話が圏外になってしまうエリアでもつながるのが大きなメリット。ゲレンデで滑っている最中にも使用可能なので、リアルタイムでやり取りすることができます。
無線機を使った際の注意点
スキー場で無線機を使う際はイヤホンとマイクが必須です。イヤホンとマイクがないと無線機を手に持って通信することになり、利便性が損なわれます。スキー場では防水仕様も必須。バッテリー切れに備えて、替えのバッテリーも持っておくと良いでしょう。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線のトランシーバーの場合、1泊4,000円前後でレンタルができます。購入は4万円前後です。特定小電力無線なら購入でも1万円程度で済むのですが、出力が低いため、広いゲレンデでは電波が届かないことも。レンタルであっても、デジタル簡易無線をおすすめします。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較