アイコン

バイクツーリング編

まずはレンタルで試してみて!バイクのツーリングに大活躍する無線機

仲間とのツーリングは楽しいものですが、走行中に会話が弾めば、景色の美しさや爽快感をさらに共有できるはず。この願望を叶えるのが、ヘルメットに装着して利用できるツーリング専用の無線機です。これまでに無線機を利用したことがない方は、いきなり購入に踏み切るのも不安でしょう。まずはレンタルで試してみて、使い心地や利便性を確認してみると良いかもしれません。

導入事例

ケーススタディ 仲間と会話をしながら楽しく走行!

風を受けて爽快なライディングを楽しめるオートバイ。ツーリングにおいては、休憩がてら仲間たちととるコミュニケーションも大きな魅力でしょう。ただし走行中となると、直接会話をすることは難しいもの。風切音やエンジン音が邪魔となって、2人乗りやサイドカーでさえコミュニケーションはままなりません。

この問題を解決するのが無線機です。ヘルメット内にマイクとイヤホンを仕込みことで、走行中であっても仲間と会話を楽しめるようになります。

無線機のメリット・デメリット

バイク無線を使用するメリット

走行中でも同報通信で会話が楽しめる

無線の魅力は同報通信が使えること。同報通信とは1回の送信で、同じ内容を複数人に届けられる機能を言います。メールを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。宛先欄に複数のアドレスを入れれば、同じメールが複数の人に届きます。無線もメールと同様、無線機を同じ周波数に合わせておけば全員に同じ音声が届くのです。携帯電話のように、一人ひとりの電話番号を呼び出す手間がかかりません。

イヤホンマイクを使えば走行中でも会話ができるので、「次のコンビニに入ろう」といった連絡事項も手軽に伝えることができます。ツーリングはときに孤独になりがちですが、無線機があれば同じ部屋にいる感覚でおしゃべりを楽しむことが可能です。

プレストーク方式で簡単に会話ができる

無線機をつけている間は常に受信モードになっていて、送信された音声は自動的に入ってきます。イヤホンをつけておけば音声を聞き逃さずに済むでしょう。一方、送信するときにはボタンを押すだけ。逆に言うとボタンを押さなければ音声が発信されないので、不要な音を相手に届けずに済みます。

携帯電話は電話番号を呼び出して、相手が受信してくれないと通話モードになりません。無線機はこうした手間が一切なく、ボタンを押すだけで相手とつながります。送信ボタンを手元で押せるアクセサリもあるので、バイクを運転しながら操作することも可能。道に危険物があったというような連絡も即座にメンバー全員に伝えられるので、安全対策にもなります。

インフラの必要がないから出先でも安心

携帯電話はインフラの都合上、圏外になる場所があります。最近では山の中でも通じやすくなったとは言え、ツーリング先が圏外の可能性はゼロではありません。無線機は本体から直接電波を発信するため、通信をやり取りできる距離内なら100%通じます。しかもインフラを使わないため、基本使用料は0円。無線機を購入・レンタルする費用と、充電にかかる電気代があれば維持できます。

無線機の種類によっては登録料や電波使用料がかかることもありますが、携帯電話の費用と比べると安いもの。通話料がかからないのも無線機の魅力で、携帯電話と違って何度通信しても無料です。会話する機会の多いツーリングでは特に役立つでしょう。

バイク無線を使用するデメリット

コストや登録などの手間がかかることがある

特定小電力トランシーバーなら免許も資格も一切不要で、レンタルか購入の費用しかかかりません。しかしその分だけ出力が低く、数百メートル先までしか電波が届かないことも。ツーリング中に離れてしまうと、肝心なときに連絡できない恐れがあります。それよりグレードが高いデジタル簡易無線は1km~3km先まで電波が届きますが、総合通信局への登録が必要です。登録のための費用がかかるうえに、年450円の電波利用料も発生します。登録自体は難しいことではありませんが、使い始めるまでに手間がかかるでしょう。

他の人に聞かれる恐れも

同じ内容を一斉に送信ができるのが無線機の魅力ですが、逆に言うと、全く関係のない人にも会話を聞かれる可能性があります。電波の届く範囲で同じ周波数を聞いている人がいたら、その人にも同じ内容が送信されるということです。たまたま聞いてしまうこともあるかもしれませんが、これを他人に漏らしたり、利用したりすると電波法違反になります。他愛のない連絡事項であれば問題ないものの、個人情報や他人に聞かれたくないような話は控えたほうが無難です。

利便性は無線機の選択次第で変わる

携帯性の面から見ると、無線機よりも携帯電話に軍配が上がります。充電ケーブルやモバイルバッテリーを持ち歩いたとしても、バッグに収まる程度です。無線機はスマホと比べて厚みがあり、イヤホンマイクや充電器などのアクセサリも持ち歩く必要があるので、どうしてもかさばりがち。重量もあるので、極力荷物を減らしたいバイク乗りには機種選びが重要になります。なるべく軽くてコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。

ツーリングで無線機が役立つ場面

走行中でも同報通信で会話が楽しめる

無線の魅力は同報通信が使えること。同報通信とは1回の送信で、同じ内容を複数人に届けられる機能を言います。メールを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。宛先欄に複数のアドレスを入れれば、同じメールが複数の人に届きます。無線もメールと同様、無線機を同じ周波数に合わせておけば全員に同じ音声が届くのです。携帯電話のように、一人ひとりの電話番号を呼び出す手間がかかりません。

休憩やトラブルの情報共有に

無線機があれば、想定外のできごとにもスムーズに対応できるようになります。たとえば「急にトイレに行きたくなった」「急激な眠気が襲ってきた」「寒いから衣服の調整をしたい」といったとき、どこかで休憩をとるようその場で連絡をとたら解決するはずです。こうした予定にない休憩も、個々の体調や安全を守るためには重要でしょう。

またガス欠や赤信号で引っかかったり、持ち物を落としたりして仲間から遅れても、先で待っていてもらうよう無線機で呼びかけが可能。さまざまなトラブルに瞬時に対応でき、安心感があります。

アクセサリーで簡単に交信

無線機本体に加え、ツーリングではいくつかのアクセサリー類をそろえることで、交信がより快適になります。

まず必要となるのは、ヘルメットに取り付けて使用するマイクとスピーカーです。フルフェイスのヘルメットなら、ヘルメットの縁に挟むように送受信機を装着し、マイクとスピーカーを内側に伸ばして固定。マイクとスピーカーを内側に固定する際、送受信機から伸びたコード類は内装パッドの裏を這わせることもあります。

マイクは高性能なほうが適していますが、VOX機能はツーリングでは使えないため不要です。また、骨伝導マイクはあまり向いていません。PTTスイッチは固定式やマジックテープ式などいろいろなものがありますが、頻繁に使う部分なので安定性と押しやすさを考慮し選んでみてください。

無線機の選び方

ツーリングで使用する無線機は、仲間の人数や走り方も視野に入れて、必要に応じた機種を選ぶことが大切です。また、オートバイ走行中に使用する環境上、使いやすさにも重きを置かなければなりません。グループよりもソロでのツーリングが多い方は、仲間と行くタイミングでレンタルを利用しても良いでしょう。

無線機の種類は特定小電力無線機でもOKなケースも

ひと口に無線機と言ってもその種類はいくつもあり、ツーリングの場所や人数によって適するタイプは異なります。もし少人数で見通しの良い場所を走るのであれば、それほど広範囲の通信や高出力は必要としません。この場合、特定小電力無線機でも十分に通用するケースもあります。

特定小電力無線機はデジタル簡易無線より出力が弱く、通信範囲も狭くはなりますが、遮るもののない高速道路などで数人の会話をするには十分です。一方で、山の中やビルの多いエリアなどではデジタル簡易無線程度のスペックが必要になるでしょう。

PTTが使用可能な無線機を選ぼう

走行中の無線機によるコミュニケーションを安全、かつ快適に行うために欠かせないのが「PTTスイッチ」です。PTTスイッチとは「プッシュ トゥ トーク」の頭文字をとった名称で、文字どおり「話すときに押すスイッチ」のこと。押すだけで電波を発信し、無線で声を送ることが可能になります。

バイクの運転中は両手を空けられず、間違っても無線機を手に持って応答することはできません。またマイクやヘルメット内臓のスピーカーを用意しても、スイッチを使わなければ話しかけることは不可能です。そのため、会話に参加したいならPTTスイッチは必須でしょう。

取り付けの位置やパーツについては専門店に問い合わせてみてください。

Bluetoothのインカムよりも無線機がいい?

Bluetoothを使用すれば、携帯電話を無線機代わりに、対応するヘッドセットと接続しツーリング仲間同士と会話することも可能です。このためBluetoothのインカムがツーリングの快適性、利便性を高くすると考える方もいるかもしれません。しかし実際は、無線機の機能には及ばないケースがほとんど。特にグループで走る場合、Bluetoothのインカムは2人以上の会話を繋げないものもあり不便です。

ただし中には、Bluetooth対応ヘッドセットとともに、無線機器とペアリングできる製品もあります。これを利用することで従来の無線機とヘッドセットを繋ぐケーブルから解放され、乗り降りが快適になるかもしれません。

多人数でのツーリングならデジタル簡易無線やアマチュア無線も選択肢

大人数でのツーリングは、隊列が伸びてしまうことから電波が届きづらくなります。この場合、特殊小電力無線は役に立たないこともしばしば。離れた場所を走る仲間とも連絡をとりたいのであれば、それ以上の機能を持っているアマチュア無線やデジタル簡易無線が便利です。

アマチュア無線の使用には、アマチュア無線技士の資格の取得が必要。しかしその分、FMチューナーつき、時計・温度計つきなど、高機能・多機能な機器が豊富にあります。音楽を聴きながら走るなど、道中の楽しみ方も広がるでしょう。デジタル簡易無線は、その使い勝手の良さが近年注目を浴びているタイプ。選択肢の幅は狭くなるものの、アマチュア無線に次いで機能性に優れています。

デジタル簡易無線

デジタル簡易無線は免許不要で、誰でも使うことができます。特定小電力トランシーバーと比べて出力が高く、3kmぐらいまでなら問題なく通信できるでしょう。見通しの良い場所なら10kmぐらいまで電波が届くことも。大人数のツーリングで先頭と最後尾が離されても連絡をとりあうことができて安心です。

ただし使い始めるには総合通信局への届け出が必要。届け出そのものは難しいものではありませんが、申請のための費用がかかります。また、登録人以外が使う場合には別途「無線局の運用の特例に係る届出書」を提出しなくてはなりません。デジタル簡易無線同士でしか通信できないので、すでに持っている無線機が使えないこともあります。グループ全体で新たに無線機を導入する場合には、デジタル簡易無線を検討すると良いでしょう。

アマチュア無線

アマチュア無線を使用するにはアマチュア無線技士の資格が必要になります。これさえクリアできれば、アマチュア無線はとても便利です。FMチューナーつき、時計・温度計つきなど、さまざまな機種が出ています。自動車のようにラジオで音楽や交通情報、気象情報を聞くことも可能です。出力が大きく、直線距離で10km届くものも少なくありません。メーカーに関係なく通信できるので、互換性を重視するのであればアマチュア無線も選択肢に入るでしょう。

アマチュア無線の資格は講習会を受講して修了試験に合格するか、国家試験に合格すれば取得できます。ツーリング仲間にアマチュア無線を使っている人がいたら、それに合わせるのが良いでしょう。

高機能や快適さは欲しいが利用までに手間がかかる

アマチュア無線は高機能でクリアな音声をやり取りすることができますが、資格をとって登録する手間があるため、導入までに時間がかかります。デジタル簡易無線のほうが、アマチュア無線と比べたら簡単に導入できるでしょう。それほど距離が必要ないのであれば、特定小電力トランシーバーが最も手軽です。

ただし特定小電力トランシーバーは会話内容を他人に聞かれてしまう恐れがあるので、秘話モードが使えるデジタル簡易無線のほうが安心かもしれません。どのようなシーンで使いたいのかよく考えて、導入する無線機を決めてみてください。

レンタルor購入 ツーリング利用での無線機は?

デジタル簡易無線機の購入を考えているなら、数万円は覚悟しなくてはなりません。海外製の無線機には安価なものもありますが、日本の規格に対応しているのか、技適マークがついているかどうかは不確定な要素です。

無線機を初めて利用するのであれば、まずはレンタルを検討するのが賢い選択でしょう。数多の機種とアクセサリー類から、まずは予算や利用シーンに合ったものを試してみてください。選び方が分からなければ業者に相談できて、メンテナンスの面倒もありません。

いざ借りた無線機が使いづらく失敗したと感じても、レンタルなら別の機種で試すこともできます。購入前のトライアルとして利用してみるのもひとつの手です。

技適マークについて

まとめ

実際に無線機を使用してツーリングを行う場面を想定してみましょう。

無線機の利用人数と規模
ツーリング用の無線機は、2人から機種によっては10人程度まで対応している機器もあります。ただ、無線通信に参加する人が増えるほど、安い無線機では通信が安定しなくなる恐れもあります。大人数のツーリングでは、きちんとした無線機をレンタルして皆で使った方が安心です。
主な使用場所
無線機の使用場所は主に高速道路、一般道路の路上になります。高速道路のように障害物が少なく、ひらけているような場所では、通信距離も伸びます。およそ300m~500mの通信が可能になります。
メンバーの先頭と最後尾がかなり離れてしまっても通信が可能ですから、サービスエリアでの休憩後に全員が走り出しているか点呼を取るときにも利用が可能です。
お勧め機種
ツーリングのレベルであれば、特定小電力無線機で十分です。通信距離は条件がいいと1km前後。建物に囲まれた都会の道路などを走る場合は100mほどと通信距離は縮まります。しかし、高速道路であれば数百メートルの通信距離が確保されますので、十分に通信が楽しめます。
無線機を使うことのメリット
・バイク走行中も会話を楽しめる
・休憩したいときやトラブル発生時などに必要な連絡がとりやすい
・ハンドルを握ったままで会話でき、コミュニケーションと安全性を両立して走れる
・移動中に点呼をとることができ、仲間と離れた場合にも安心感がある
無線機を使った際の注意点
無線を使っていると、会話に夢中になるあまり運転の集中力が切れて注意散漫になったり、美しい景色を見逃したりすることがあります。場合によっては事故の危険もあるため、注意が必要です。
レンタルと購入の想定予算比較
ツーリング用の無線機とヘッドセットは、レンタルと購入でコストの差はそれほど大きくありません。海外製の商品なら6,000円程度から購入できるものもあります。ただしレンタルは、1台2,000円ほどで品質の良いものを使える点が魅力。グループツーリングにはレンタルを、試してみて好感を抱いた製品は購入を検討すると良いでしょう。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)