アイコン

道路工事編

道路工事につきものの誘導を無線機でスムーズに行えるようになる

道路工事は、実際に工事を行う作業員だけでなく、道路を一時的に封鎖することによって生じる車への誘導のために、警備員の配置が不可欠です。作業員同士の連絡や監督からの指示に無線機が使われることもありますが、スムーズで安全な交通誘導のためには、無線機をうまく利用して連携を取ることが必要と言えます。

導入事例

ケーススタディ 道路工事の作業を円滑に効率的に行う

道路工事をする際は比較的狭い範囲になりますが、少し距離のある場合は作業員同士の連絡や監督からの指示も無線機があれば、わざわざ大声を出したり、近寄ったり話す必要がありません。工事によって騒音も出るので、無線機によって会話できれば聞き取りやすくしっかり連絡が取れます。

道路工事に伴う交通誘導には欠かせない

道路工事を行う場合、片側の道路を封鎖して片側交互通行をしたり、通行止めにしたりする必要があるため、車を誘導する警備員には無線機などで離れた人と通話できるツールが必要です。
たとえば、片側交互通行の場合、両端に警備員を配置してそれぞれ手旗信号や誘導灯などで合図を送って、どちらの車を行かせるか連携を取るわけですが、直線でも距離があると見えにくいですし、カーブのあるところでは視覚的に見ることができないこともあります。そういった時に通話で確実に連携が取れて、何台車を行かせるか、車間距離はどうかなどの細かい確認ができる無線機は、安全性を高めるために活躍します。
ただ、初心者が無線機と誘導灯の両方を持ったり、手旗信号を送ったりする場合は、不慣れでとまどってしまって誘導がおろそかになる危険性があります。無線機を使用して誘導するのは、多少の慣れが必要になるでしょう。

道路工事の誘導では特定小電力トランシーバーが使用されることも

比較的距離が短めで見通しの良い直線道路や駐車場などでは、特定小電力トランシーバーが導入されることも多いです。見通しが悪い道路や屋外と屋内で通信を行う場合などは、デジタル簡易無線機の使用がおすすめです。
使用環境や状況によってもどの無線機が適しているかも変わってくるので、購入するよりは都度、必要な無線機をレンタルすると無駄がないかもしれません。

まとめ
規模
道路工事の範囲によりますが、屋外での使用で比較的距離は広めの使用が想定されます。
主な使用場所
主に、屋外での工事現場と、駐車場、道路上などでの使用になります。
無線機の利用者数
道路の一部の工事では、使用人数はそれほど多くありませんが、工事の規模によっては誘導警備員の数が増える可能性もあります。
おすすめ機種
屋外での使用になるため、雨や風にふきさらしになるので、防水・防塵の壊れにくい丈夫なものがおすすめです。
無線機を使うことのメリット
危険を伴う道路の交通誘導をスムーズに安全に行うことができます。特に、見通しの悪いカーブなどの道路では欠かせません。
無線機を使った際の注意点
交通誘導をする場合は、片手で手旗信号を送ることも多いので、トランシーバーを持ちながら作業できるかどうか、事前にしっかり練習や研修を行う必要があります。慣れないうちは無線機がなくても誘導できる作業から始めるのが無難でしょう。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線をレンタルする場合、一泊二日で2,000~6,000円が相場となります。購入する場合は、1台2万~6万円ほどになります。
道路工事は短期間で終了することが多いので、一時的な使用ならレンタルするほうが費用を安くできるでしょう。警備会社で保有する場合は、購入しておいて現場ごとに利用することもできます。
まとめ
道路工事の現場で、交通事故を防いで混雑やストレスなくスムーズに車を誘導するためには、無線機の使用が大いに役立ってくれるでしょう。しかし、使用者が不慣れだと逆に誘導がおぼつかなくなる危険性もあるので、慣れるまでは指導係がしっかりフォローすることが重要です。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム