アイコン

倉庫管理編

倉庫管理につきものの連携を無線機でスムーズに行えるようになる

作業効率を上げてくれる無線機は、倉庫管理業務にぜひ導入しておきたいアイテムです。作業員同士の連絡スピードが増すばかりでなく、適切にトラブルや状況に対処することができます。そこで今回は、倉庫管理業務で利用したい無線機について、利用方法やコストについて紹介したいと思います。

導入事例

ケーススタディ 作業員同士の意思疎通をスムーズにしてくれる

倉庫管理業務では、搬入口や倉庫内における作業員同士の連絡が非常に重要です。直接口で伝えられない距離にある場合、無線機があれば離れていてもスムーズに内容確認や連絡が行えます。

倉庫内での作業にはもちろん、作業の変更やスケジュール確認、チェックミスの防止など、さまざまなシチュエーションについて無線が活躍します。運搬中に発生したトラブルの対処や事故の防止などにも役立ちますし、無線を持つことで作業員同士のチェック体制が整うため、全体的に作業効率がアップします。
倉庫内でのやり取りは常にリアルタイムで行われるため、作業員の安全に配慮しつつ、確実に物品の搬入・搬出を行うことができます。チェックミスや連絡漏れなどといったヒューマンエラーの防止にも役立ちます。

作業効率アップ

無線機には倉庫内で荷物を運搬したりチェックしたりするだけではなく、誘導を担当する係員との連絡もスムーズになるため、各部門ごとの連携が円滑になります。その結果として作業効率が上がり、業務の時間短縮やすみやかな搬入・搬出が可能となります。

まとめ
規模
倉庫の広さによって、最適な無線機の種類は変わります。大規模な倉庫や、電波の届きにくい環境の場合には、それぞれに合わせた無線機を選ぶ必要があります。
主な使用場所
倉庫内、倉庫の外、地下や屋上など、倉庫の内外で使えるものが理想的です。
無線機の利用者数
倉庫内で作業するスタッフに1人1台ずつが理想的ですが、業務を円滑に進めるためには、倉庫内で連絡を行う全員のスタッフへの装備が理想的です。
おすすめ機種
倉庫管理の現場では、ヒューマンエラーや事故などを防止し、荷物の管理や搬入・搬出をスムーズに行わなくてはなりません。おすすめの機種としては持ち運びと取り扱いが楽で、すぐに連絡ができるものが良いでしょう。緊急時にも問題なく使える、操作性の良いものがベストです。
無線機を使うことのメリット
倉庫内での緊密なやり取り、連携の迅速化を進めることができます。また思わぬトラブルや予定変更などにも、無線機を使って柔軟に対応することができます。
無線機を使った際の注意点
操作性の悪い無線機を使った場合、作業員同士の連携がスムーズにいかない可能性があります。また無線機の受信状況が悪い場合には、連絡に時間を取られてしまう可能性があり、連携にタイムロスが生じるというケースが考えられます。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線のレンタル料金は2,000円~6,000円前後が一般的です。購入する場合の想定予算としては、トランシーバーで1台につき2万円程度となります。
まとめ
倉庫管理の場で無線機を使用することは、ヒューマンエラーの防止や荷物の確実な搬入・搬出を実現します。スタッフ同士の連絡が円滑であるほど、流通がスムーズに行われるので、作業効率が上がり現場に余裕が生まれます。倉庫内が広く、荷物の量が多いほどにスタッフ同士の連携は難しくなるため、無線機の活躍の場が生まれます。導入を迷っている方は、まずはレンタルから始めてみて、使い勝手をチェックされると良いでしょう。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム