TOP » 知っておきたい無線機・トランシーバー・インカムの活用方法 » スーパーマーケットで無線機を活用
アイコン

スーパーマーケット編

在庫確認・補充を依頼できる

レジやそれぞれの食品が部門に分かれて業務をしているスーパーマーケットでは、情報を共有しあうのがとても大変です。そこで活躍するのが無線機で、その場にいながら連携がとれるようになります。スーパーマーケットで使うべき無線機についてご紹介します。

導入事例

ケーススタディ レジから売り場スタッフへの確認も楽

売り場スタッフが店頭にある在庫を確認し、在庫が足りていない場合は裏にある在庫を足すように補充するスタッフに伝える必要があります。しかし、売り場スタッフがバックヤードまで行って伝えるとなると時間もロスしてしまうでしょう。バックヤード専門のスタッフに無線機で連絡をしておくと、その場にいながらお互いに在庫状況を伝え合うことができます。

レジで商品の値段がわからないときや、どのように対応するべきかわからないとき、レジを空けて相談に行く…というのは手間も時間もかかってしまいます。レジで無線機を使って売り場スタッフに確認ができればお客さんもお待たせすることがありません。また売り場スタッフを呼ばなくては対応できないことでも、呼びに行く手間と時間がなくなると考えれば無線機の利用が便利といえるでしょう。

アクシデントにもすぐ対応

スーパーマーケットには毎日様々なお客さんが訪れるために、トラブルやアクシデントが起きる可能性もあります。スタッフが無線機を持っていれば、何かあった際に他のスタッフにも情報を伝えることができ、それぞれが当事者意識を持ってトラブルやアクシデント対応ができるようになります。

規模によって使うべき無線機が異なる

スーパーマーケットといっても、規模は様々です。とても大きな規模で複数階あるお店もあれば、小規模でそれほどスタッフがいない、という場合もあるでしょう。通信の出力は規模が大きくなればなるほど強く必要になります。無線機の種類はたくさんありますが、出力が大きくなるとその分、申請には手間がかかるものと考えておきましょう。出力も大きくしたい、だけど手間は少しでも抑えたいという場合はデジタル簡易無線が理想的といえます。第三者に通話を知られることもありませんので、情報もやり取りしやすいです。

まとめ
規模
スーパーマーケットの規模によっても異なりますが、数十人規模での使用が想定されます。
主な使用場所
スーパーマーケットの店内が基本となりますが、場合によっては駐車場を整理している警備員や店頭で販売をしているスタッフなどが使用することも考えられます。
無線機の利用者数
レジスタッフは1人1台、食品の各部門ではそれぞれ1人といった利用者数となるため、数十人が使用することとなります。
おすすめ機種
デジタル簡易無線であれば手軽でも出力が大きくて便利、とスーパーマーケットにはぴったりです。ただし規模によっては出力をもっと大きくしなくてはいけない場合もあるため、少し手間がかかっても一般業務用無線などが好ましいかもしれません。
無線機を使うことのメリット
無線機を使うと持ち場を離れずに情報がやり取りでき、お客さんへの対応もスムーズです。
無線機を使った際の注意点
無線機を使うことで情報が混乱する可能性があり、様々な情報をインプットしなくてはいけないとスタッフに負担がかかる可能性があります。
レンタルと購入の想定予算比較
デジタル簡易無線は1泊2日のレンタルで2,000円からとなっています。購入はトランシーバー1台で20,000円からです。
まとめ
レンタルをするとデジタル簡易無線の場合は1台2,000円から、1泊2日の期間で借りることができます。それ以上となると、やはり購入のほうがコストは下がり、1台20,000円からで検討してみましょう。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム