アイコン

スーパー銭湯編

規模の大きい広い施設でもスタッフへの指示や連携が取りやすい

スーパー銭湯は、もはや従来からある銭湯とは違い、ホテルや大型の遊技場のような広くて規模の大きい施設です。いくつもの種類がある浴場、サウナ、露天風呂に加え、食事をするレストランやお休み処、マッサージルームなどさまざまな機能が備わっています。そのため、スタッフの役割も多岐にわたり、その場その場に応じた対応を求められますが、落とし物や探し物などにも瞬時に対応できるよう、スタッフそれぞれと連絡が取れる無線機が役立ちます。

導入事例

ケーススタディ 館内のどこにいてもスタッフに指示が出せる

スーパー銭湯は非常に面積が広く、階数が2階以上の建物になる場合もあります。スタッフは接客担当だけでなく、リネン交換や設備管理、ホールやキッチン、受付などさまざまな職種があります。たとえ、リネン交換や清掃であっても、お客さんがいる以上、軽い接客行為などが生じるので、営業時間中は臨機応変な対応が求められます。
たとえば、何か落とし物や紛失をしてしまったお客さんがいる場合、すべてのスタッフに無線機で指示を出して探してもらうことができますし、迷子のお子さんを探すこともできます。落とし物などは、プライバシーに関わることも多いので、個別に通話ができる無線機が適しています。

緊急時の連絡に役立つ

スーパー銭湯は浴場やサウナなど、設備管理が非常に重要な施設です。万が一近くにいる時に何かが故障した場合、スタッフが自分で対応できなくても、無線で受付や担当者に連絡できればすぐに修理してもらえます。 また、具合が悪くなったお客さんがいる場合にも、近くにいるスタッフがすぐに連絡できれば、緊急時の対応もスムーズに行えます。

範囲が広くて階層が異なるフロアにはデジタル簡易無線機がおすすめ

スーパー銭湯は、建物自体が2階以上に渡ることも多く、ボイラー室やリネン室、露天風呂など屋外や地下室にスタッフが配置されることもあります。 デジタル簡易無線機ならば、階数が異なる施設や、屋外と屋内でも通信ができるので、スーパー銭湯に適しています。

まとめ
規模
スーパー銭湯は比較的規模が大きく、ホテルのように階層が分かれている施設も多いので広範囲で使える無線機がおすすめです。
主な使用場所
浴場やサウナ、レストラン、受付、露天風呂などさまざまな環境での使用が求められます。
無線機の利用者数
スーパー銭湯のスタッフは規模によっても異なりますが、基本的に一人で移動して作業するスタッフには全員に無線機を持たせることが望ましいでしょう。逆に、ホールやキッチンなど限られた場所で働くスタッフには必要ないと言えます。ただ、受付やそれぞれの責任者は携帯しておく必要があるでしょう。
おすすめ機種
コーナーによって環境が異なるスーパー銭湯では、水に濡れても平気な防水仕様のものや、作業の邪魔にならない小型のもの、音声が外に漏れないインカムタイプなどが適しています。
無線機を使うことのメリット
広い施設のどこでトラブルが起こってもすぐに対応できるようになります。
無線機を使った際の注意点
浴場やサウナなどプライバシーが重視される施設なので、あまり大型で音声が響き渡るようなものは向いていません。
レンタルと購入の想定予算比較
スーパー銭湯は24時間営業で年中無休のところが多いので、レンタルでの使用よりも、購入して常時使用できるほうがコストパフォーマンスが高いと言えます。
まとめ
スーパー銭湯は単なる浴場施設ではなく、さまざまな機能を持つレジャー施設と言えるものであり、ホテルのような施設の共同設備とあまり変わらないと言えます。落とし物や貴重品の紛失、設備の故障、お客さんの安全性など、いろいろなトラブルが起きることが想定されるので、館内に散らばるスタッフにはなるべく無線機を持たせて、緊急時にはすぐに対応できる準備をしておきたいところです。
コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム