TOP » 使ってから失敗しない為の、賢い無線機の選び方 » 無線機の資格にはどんな種類がある?
アイコン

無線機の資格にはどんなものがあるの?

どれを取得すればいい?気になる無線機の資格

無線の資格は無線従事者資格というもので、総務省が管轄しています。さまざまな種類があり、いざ取得しようと思ってもどれを取得したらいいのかわからないものです。無線の資格はそれぞれ使用範囲や使用目的が異なるので、自分の希望する用途に合った資格を取る必要があります。どのような違いがあるのか、詳しくみていきましょう。

無線の資格は使用範囲や用途によって変化します

原則的に、無線を使う人は資格を取得しなければなりません。特定小電力トランシーバーのような、範囲が限定された通信機器であれば資格が不要ですが、もっと広範囲にわたって通信する機器であれば無線従事者資格が必要となります。無線設備の不適切な使用を行うと、ほかの重要な通信に混信や妨害を与えることも。万が一の緊急連絡が届かず、非常に危険な事態に陥ることも考えられます。こうした危険を防ぐため、無線従事者資格が存在するのです。資格によって使える機器が異なるので、しっかりチェックしておきましょう。

資格と免許の関係

免許を申請するためには、無線の使用目的と、有資格者の配置について記載することが必要です。免許が必要な通信機器を無免許で使用すると、電波法違反となって罰せられます。ただし、主任無線従事者がいる場合にはこの限りではありません。一定の条件を満たした有資格者が講習を受けると、主任無線従事者となることができます。主任無線従事者の監督下であれば、無資格者が無線設備を操作しても構いません。

資格の中でもアマチュア無線は特殊なことに注意

アマチュア無線の資格も総務省が所轄する資格ですが、無線従事者資格の中では特殊です。アマチュア無線はその名のとおり、個人利用で無線機器を扱うための資格。アマチュア無線資格者同士が趣味の範囲で通信を行うためのものです。イベントの運営や会社での利用などビジネス目的となると、アマチュア無線資格だけでは運用することができません。先ほど説明した主任無線従事者制度についても、アマチュア無線資格は除外されています。今後、ビジネス目的で無線機器を使用することになるのであれば、アマチュア無線資格以外の資格が必要です。用途に合った資格を取るようにしましょう。

レンタル利用は基本的に資格者の要らない無線機を使用

レンタルで利用できるのは主に資格の要らない、特定小電力トランシーバーがメインです。利用場所の地形や建物の有無によって異なりますが、だいたい1km前後の範囲で通信ができます。レジャー目的や業務目的など、幅広く活用することができるでしょう。操作も簡単なので、手軽に利用できます。
デジタル簡易無線機も資格が要りませんが、登録局申請が必要です。とはいえ、レジャー使用も認められており、審査もそれほど厳しいものではありません。レンタル業者によっては登録を代行してくれることもありますので、わずらわしさもなく利用できるでしょう。ただし、使えるようになるまで半月~1ヶ月かかるので、時間には余裕を持って申し込むようにしてください。

無線従事者資格の種類

免許を取得するには?

ここからは無線従事者資格について解説します。無線従事者資格には総合・海上・航空・陸上・アマチュアの分野に分かれており、全部で23種類です。無線局の種別、無線設備の種類、規模によって必要な資格が異なります。このうちアマチュアは先ほども説明したように特殊な分野なので、そのほかの19種類についてみていきましょう。

総合無線通信士

総合無線通信士は通信を行うためのエキスパートと言える資格です。

・第一級総合無線通信士
無線通信士の中でも最高の資格。あらゆる無線設備の操作が可能。主に、船舶や航空機の無線設備の操作を行う。
・第二級総合無線通信士
ほぼすべての無線設備の通信操作が可能。一部の無線局は国内通信に限られる。500ワット以下の船舶、航空機、レーダーなどの無線設備が操作できる。

・第三級総合無線通信士
漁船、船舶(250ワット以下)、陸上(125ワット以下)の無線設備が操作できる。

海上無線通信士・無線技士

海上分野には海上無線通信士と海上特殊無線技士の2種類があります。

・海上無線通信士
主に船舶での通信を行うのに必要な資格。1から4級までが定められており、級が上がるごとに大規模な通信を行えるようになる。級は原則的に、一つ下の資格を取得していなければ上級資格の取得ができない。

・特殊無線技士
特定の無線設備についての資格で、通信使と比べると範囲が限定される。こちらにも1から3級までがあり、それとは別に「レーダー級」の資格も存在する。

航空無線通信士・特殊無線技士

航空無線通信士は航空分野の無線通信を行う資格です。

・航空無線通信士
航空機や、航空関係の無線局、レーダーの無線設備の通信操作、技術操作。パイロットや航空管制官がこの資格を保有している。

・航空特殊無線技士
航空無線通信士とは異なり、定期運航便ではない個人や企業向けの資格。航空機や航空機管理のための無線操作を行う。

陸上無線技術士・特殊無線技士

"陸上で、電波そのものの管理にあたる技術職です。それぞれ操作できる無線設備は以下のとおり。

・第一級陸上無線技術士
テレビやラジオなどの放送局、固定局、無線標識局などの無線設備。

・第二級陸上無線技術士
第一級と比べて小規模の放送局や、航空用無線航行局などの無線設備。

・第一級陸上特殊無線技士
多重無線設備を使用した固定局(30MHz以上、500ワット以下)などの無線設備。

・第二級陸上特殊無線技士
陸上移動系の無線局など、電波の質に影響を及ぼさない無線設備。

・第三級陸上特殊無線技士
タクシー無線の基地局など、電波の質に影響を及ぼさない無線設備。

・国内電信級陸上特殊無線技士
国内通信を行う固定局など、無線設備の無線電信による通信操作。

それぞれの等級による違い

いずれの分野でも、第一級が最高位で、第二級、第三級の順に制限が増えます。たとえば海上無線においても大小さまざまな船が運航しているので、その大きさによって必要となる通信設備は異なるものです。上級資格を取っておけば間違いありませんが、それに応じて難易度が上がるので、自分が必要とする機器が使えるようになる資格を取るようにするのがベターでしょう。

アマチュア無線の資格を兼ねるものも

特定の業務用無線従事者資格を持っていると、アマチュア無線資格としてもみなされます。各級に対応する無線従事者資格は以下のとおりです。

・第4級アマチュア無線技士と同等
第1級海上無線通信士
第2級海上無線通信士
第4級海上無線通信士
航空無線通信士
第1級陸上無線技術士
第2級陸上無線技術士

・第2級アマチュア無線技士と同等
第3級総合無線通信士

・第1級アマチュア無線技士と同等
第1級総合無線通信士
第2級総合無線通信士

使用範囲や必要な出力を考えながら資格取得を

ここまで無線従事者資格について詳しく見ていきました。特定小電力トランシーバーやデジタル簡易無線で足りるようなら資格は必要ありませんが、本格的に無線通信を利用したい場合には資格の取得も検討するとよいでしょう。資格によって扱うことのできる機器が異なるので、自分にとって最適な資格がどれか見極めることが大事です。よくわからないときにはレンタル業者に相談するのもよいでしょう。

無線機の資格にはどんなものがあるの?

一定以上の出力を持つ無線機器を使用するためには、無線従事者資格が必要です。無線従事者資格は総合・海上・航空・陸上・アマチュアの5分野に分かれており、それぞれ使える無線機器の範囲が異なります。ただしこの中でアマチュアは扱いが異なり、ビジネス目的に使うことはできません。レンタルで利用するような無線機に免許や資格は不要なことが多いですが、どのような資格があるのか知っておくとよいでしょう。

コスパ対応力に優れた 無線機レンタル会社無線機&トランシーバーのレンタル料金 比較
2泊3日のレンタル最安値が3,980円!! 2泊3日のレンタル最安値は4,000円 2泊3日のレンタル最安値は4,860円
インカム.com ウェッジ 三和システム
引用元:インカム.com公式HP
(http://www.incom-rental.com/)
引用元:ウェッジ公式HP
(http://www.aaa-wedge.co.jp/)
引用元:三和システム公式HP
(https://www.sanwa-sys.co.jp/)

無線機レンタル徹底比較

おすすめの無線機&トランシーバーのレンタル会社3選

インカム.com

ウェッジ

三和システム